テンプレート替えてみました
2017年05月28日 (日) | 編集 |
 以前使っていたブログのテンプレートは季節ごとに変えていました。最近それをしていなかったなあと思いだし、ちょっと変えてみることにしました。
 できそうなら以前のようにローズマリーの感じる季節と共に交換していくようにします。いちおうPCだけのつもりです。
スポンサーサイト
しまね性暴力被害者支援センターさひめの公開講座に行きました。
2017年05月28日 (日) | 編集 |
 週末スティックビルで行われた「さひめ」の公開講座に行きました。
 今回は「貧困がもたらすこどもの性と生」というタイトルで元養護教諭の宍倉翠氏の講演でした。
 
 お聞きして考えたのは、子供たちが困ってしまった現実があるのになぜ大人はそれを対処できないかということです。過去大人たちもそういう子供であったはずであるのにです。
 講師の宍倉氏は、その現場で「子供のために」という一点に焦点を当てて活動してこられただなと思いました。

 ローズマリーは医療現場で働き、また助産師という職業であった過去もあるので、性について他の人よりもオープンに話す環境で人生を送ってきました。親戚の子供たちには男女を問わず話し、避妊具の現物も見せてきました。
 性とは人生と切り離すことができないことでまじめに取り組むことが重要であるといつも思ってきました。
 
 ローズマリーが中学生の頃には「金八先生」というテレビ番組があり、ちょうど中学三年生が妊娠出産をするという当時衝撃的な話題を提供していた時代でした。
 その後進学してであった同級生達の学校の中には、直性生徒に向けてコンドームを配り使い方を説明する学校がたくさんあったことも知っています。

 ところが、今回の講演で、平成になってからもそういう人生の性教育に対して、新聞社をはじめとするマスメディアや政治家(実際の生を上げられました)やの反対で、性教育を進めてきた学校関係者が処分されたり、バッシングを受けてきたということを聞き大変驚きました。、またローズマリーがそういうバッシングに対する情報収集を怠ってきたという事実にも直面しました。

 先日もまじめに性について述べていたテレビタレントがバッシングを受けたことについて、WEB上で大変話題になっていました。
 性を隠しているのに、風俗産業は隆盛を極め、低年齢層の子供たちがその搾取に逢うことが日常になっています。これは今後絶対に改めなければならない事実であると思います。

 ローズマリーが学んでいるフラ、ハワイの伝統的な舞踊ですが、元は神様に奉納するような神聖なものです。そこには神様や王族の性がふんだんに盛り込まれているものがたくさんあります。ハワイの伝統的な価値観では、性は大変素晴らしいことで寛容に公に語られます。
 世界でもこれだけフラが知られている日本であってもその部分は公に語られません。それは現在の日本が性を隠すような風潮が残っているからだと思います。
 日本でも神々の頃の神話には性を貴ぶ大事なこととして残っています。

 自堕落にというのではなく、自分自身と周囲の人を大切にするために人生と性は切り離すことができないことであるのです。自らを知らねば自分を律することはできません。そのためにも自分たちの成り立ちである性をきちんと学ぶ必要があるのです。

 学校現場で、社会で、今後正しくまじめに性に向かい合うことが重要で大切であると思います。

 痴漢や性犯罪者が横行するのは他人に対する自分の欲望を押さえられず、また人を尊重することができないという自己中心的な行動の結果だと思います。そういう部分も含めた性教育が小さいころから必要です。 
 人生の生き方の問題であることを、学んでほしいと思います。

 今回お聞きした、性教育に関するバッシングをした新聞社名、政治家名を胸に刻み、今後の発言や行動をよく観察しておかねばと思いました。
 
  
新しい胡椒ひき
2017年05月28日 (日) | 編集 |
 胡椒ひきの中身がなくなったので、新しい黒こしょうを瓶の中に入れました。動かすけれど中身が出てこないし、いつもと動かしたときの手ごたえが違います。空回りしています。
 もう一度ふたを開けて中の胡椒を出してみると、黒い胡椒の粒に交じって白いプラスていっくの部品がコロンと落ちました。壊れてしまったのですね。割れてしまったようです。
 仕方ないのでその時はすり鉢で胡椒をつぶして使いました。
 
 次の日、ホームセンターで胡椒ひきをさがしました。岩塩とスパイスミルが一緒になった大き目のものが売っていました。他に種類はなかったのでそれを購入しました。弾き方の細かさが調節できるようですが、この部分が壊れそうだなあとも感じました。値段は約1000円です。
 さっそく家で使ってみると普段の家での使い方は粗挽きだと判明しました。他の使い方はしないのでこのまま固定ですね。壊れませんように。
 これまで使ってきたものがいつ買ったものかまったく記憶がないのですが、多分生協で買ったのではないかと思います。今年高校を卒業して就職した友達の息子さんが小さいときに、一緒に買い物に行きそのひとつ前の胡椒ひきを買ったけれど使い物にならなかった記憶はあるので、多分その後で買ったのだと思います。となると就学前のお子さんだったはずなので、最低でも12年前ではなかろうかと思われます。
 長持ちしましたね。今回のものも長持ちしてくれますように。
居間の模様替え完成後ー3紺
2017年05月27日 (土) | 編集 |
春も終わったので模様替えです。


この前は赤でした。
201701-1.jpg

その前は緑
20161113-2.jpg
囲炉裏に蓋をしました
2017年05月26日 (金) | 編集 |
 毎日30度が近くなり日によっては越しています。もう薪ストーブには火をつけないかもしれないけれど、まだ囲炉裏には火がほしいなあと思っています。
 が、家人よりもう蓋をしようという提案があり渋々囲炉裏に蓋をしました。まあいつでもふたを開ければいいので問題はないのですが。
 薪を家の中に入れるためのいろいろな道具はそろそろ片付けねばならないかなと思います。こちらも渋々ですが、片付けようと思います。
 家の中を夏仕様にしなければなりません。夏が好きでないのでこういう作業は渋々です。次の秋冬が待ち遠しいです。
WECKの瓶を使った料理の本三冊購入しました。
2017年05月25日 (木) | 編集 |
最初に買うならこの一冊。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WECK COOKING
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/5/21時点)




そしてお菓子について書いた本
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WECK COOKING Sweets [ 京阪神エルマガジン社 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/21時点)




こっちはひとりの人がまとめて書いた本。



基本的にローズマリーはたくさん作ってしまいますが、最近の料理本は家庭人数が少なくなったことを反映して保存食以外はほぼ二人前が多いようですね。
作ってみたい料理がたくさんあります。これから楽しみです。
糖質制限。ケトン体の本
2017年05月24日 (水) | 編集 |


執筆陣がすごいです。糖質制限から波及したいろいろな科の医師たちの総合的な見解です。
その上やすい!びっくりです。1000円札でおつりが来ます。
レシピも載っていますし、使い甲斐がある本です。
おすすめです。
視力が落ちました
2017年05月23日 (火) | 編集 |
 職場健診やいろいろな場面で視力低下を指摘され、がっかりしております。
 しかし、落ちてしまったものは仕方ありません。下記の本を参考にまずできることから取り組まねばと思っています。



パソコンやスマホを見るときにはブルーライトを防ぐメガネをかける。
外出時はサングラスをかける。
プールではゴーグルをかける。
眼科に相談する。
メガネを調整する。

眼の保護が肝要なようです。思いついてみると今の職場の通勤時、徒歩ですので花粉等のアレルゲン物質に反応し眼のかゆみは感じることが多くてよくこすっていたように思います。徒歩で歩くときにはゴーグル必須かもしれません。

 
亀田山喫茶室
2017年05月22日 (月) | 編集 |
 松江城山の興雲閣にある喫茶室です。
 興雲閣というのは、明治以後の皇室の方の行幸のさいにおとまりになる場所でした。それぞれ当時の県庁所在地に似たような洋風建築があると思います。
 子供の頃は、資料館で小学校から見学に行った覚えがあります。

 老朽化が進み、いろいろと保存のための施策がなされ、現在はいろいろな催しなども行われているようです。

 入ってすぐ左側のドアの中が喫茶室でした。
 軽食と、珈琲や紅茶、おやつなどがいただけるようになっていて、散策途中の休憩にちょうど良いと思いました。

 子供さん連れのお母さん、お友達同士といった方たちがちょうどいらっしゃいました。

 ローズマリーはお友達と入りました。暑い日だったので二人とも冷たいものが食べたくて、ヨーグルトパフェをいただきました。おいしかったです。
 雰囲気も良いので、また出かけるといいなと思っています。
 
 昔は茶店やお土産屋さんが何軒もあった場所は、国の文化財指定の準備のために取り壊され、歴史的に正しい建物に変わりました。往時を知っているものとしてはさびしい気もしますが、史跡としての指定を受けるためには仕方のないことですね。

 小さな動物園のように、猿や雉などが飼われていた動物舎があったりもしていました。幼稚園や保育所などの散歩コースでもあり、何回も絵画コンクールの会場にもなっていましたが、今はどうなんでしょうね。
 今後はどんなふうになっていくのだろうかなあと思います。
さかや呉服店の展示会201705
2017年05月21日 (日) | 編集 |
 久しぶりに呉服屋さんを覗いてきました。
 今回は機織りの実演、足袋のあつらえなどが目玉商品でした。

 年を経るごとに、貴重品になってしまうあちこち地方の特徴ある反物が、展示され目の保養になります。が、ほとんどが今後生産されることはまずない品物ばかりになりつつあり、寂しい限りです。

 ローズマリーは足袋の寸法を見てもらいました。いろいろと足には不自由しているのですが、和装は本来自由度が高い寸法どりなのであまり苦労しておりません。それでも寸法を見てもらうと普段より、ぐっと足に逢う足袋を見つけることができました。
 昔は小物を扱う地元のお店もあったのでしょうが、最近では京都などから職人さんに来てもらうような今回のような機会でもないと田舎では入手できないようになってしまいましたね。
 斜陽産業といわれる着物業界ですが、ローズマリーは日本の伝統的衣装として今後も積極的に着る予定です。