今年の目標
2017年02月13日 (月) | 編集 |
今年の目標をかいていなかったなあという気がするので書くことにしました。
1.みそ作り(久しぶりです)
2.予備自衛官訓練初参加
3.パートを8時間減らす
4.健康舞踊の発表会に参加する
5.アクセサリーポーチをつくる(こちらを参考に)
6.薪棚修理
7.予備自衛官補訓練同期との同窓会に行く
実現可能なように頑張ります。

スポンサーサイト
この時期の国家的試験は損失だと思います
2017年01月13日 (金) | 編集 |
 大学のセンター試験が週末にあるそうですが、大寒波が来るそうですし、全日本的にロタウイルスやインフルエンザが流行っていると聞いています。
 
 集団で集めるのに、交通機関が危うい、講堂など環境設定がどれくらいできるかわからない場所を使わねばならない国家的試験をするというのは何という損失で無駄だろうかと思います。
 それについて、いつも読んでいる夏井医師の、「新しい創傷治療」の更新履歴で、夏井医師の記事で納得と思いました。

 夏井医師のセンター試験の週末云々の記事

 もともと、日本も一月試験、四月入学じゃなかったというところがな~んだと思います。経済的にも健康的にも、危ない時機に国家的試験をするのは本当に無駄で損失だと思います。
 これだけ、危機管理に甘い日本で、危機管理を受験生に求めるのはおかしいような気がします。
2017元旦です。
2017年01月01日 (日) | 編集 |
 あっという間に一年が過ぎる近年です。
 今年の挑戦は何でしょうか。
 去年は、生ハム原木生活に取り組みました。楽しくおいしい日々でしたが、家人には全く持って不評でした。豚の足が一本家にあるというのが嫌だったようです。
 でも今年も原木を買ってみたいという気持ちを持っています。経済状況を見ながらですね。

 春には仕事を減らそうと思います。少し時間に余裕を持たないとストレスが大きくなるようです。経済的には危なくなると思いますが、その分動けるようにと考えます。そのあたりの平衡をうまく保てるかどうかが鍵ですね。
 
 どんな一年になるのかまだぼんやりとしています。年始休暇の間にまとまればいいなと思います。
暖かいワンピースを求めて
2016年11月29日 (火) | 編集 |
 暖かいワンピースがほしいなあと思っていました。ワンピースって「のだめカンタービレ」の主人公のだめが着ているように、簡単なんです。上下いろいろ考えなくても一枚で外に出られるし。
 こういう時はユニクロにお願いです。調べてみたらこの冬いくつもニットワンピースが出ていました。
 で結局これにしました。ミドルゲージニットリブワンピース
 買って帰ったらさっそく手洗いして、干しておきました。これでいつでも着られます。
職業意識
2016年11月10日 (木) | 編集 |
 以前のブログにも書いたことがあります。(違うプロバイダーで)
 仕事や職業に対する言葉と価値観です。
 
 予備自衛官技能の職種を見てまた気持ちを新たにしました。

 ローズマリーは学校を出て受験資格を得、国家試験を受験合格してある資格を取りました。その資格を持って、職業とみなしております。それは勤務する場所があるなしに限らずです。
 しかしあるとき、交通事故にあい、警察官に「職業は」を聞かれて答えますと「どこにおつとめですか」といわれました。その時勤務先はありませんでしたのでないと答えると「では無職ですね」といわれました。そして職業欄に無職と書き込まれました。
 その時国家資格であっても全く意味をなさないのかなと思いました。その時急に何かが起こってローズマリーの資格が役に立つ場面なら、ローズマリーは職業としてその場で仕事をすると思います。もちろんお金の問題ではありません。
 しかし警察官などの勤務先によって職種が決まる人はそういう意識ではないのでしょう。勤務先がなければ自分の職種という部分がないのだろうと思います。

 職業を持つことと、勤務先を持つことは別ではないかと思っています。が、法律的には同じことなのでしょうか、そのあたり弁護士の方に聞いてみたいと思います。

 予備自衛官技能の多くは本業である仕事の内容で予備自衛官に登録しておりますが、中には現在は特に勤務しておられない方もあります。その場合でも、技能として職種はあるわけです。それを考えて、国家資格もちゃんと意味を持っているのだなと嬉しくなったのでした。