久しぶりの食べ物
2017年02月15日 (水) | 編集 |
 ひさしぶりのたべものを最近二つ作って食べました。
 一つは、数年前に試作して好評だったのにそれ以後作ることができなかった柚餅子です。いただいた小ぶりのゆずの皮を傷つけずに柚子釜にしてクルミやゴマなどを入れ甘く味付けした味噌を入れ蒸しあげてその後半紙に包んで風通し良いところで干すのです。去年の暮れに作って薪棚物置の天井近くでつるしておりました。
 二か月経ったので、おろして冷蔵庫にしまいました。それを薄く切ってお茶うけにします。これが案外おいしいものです。柚子の香りとクルミやゴマの食感、甘い味噌の味がうまく熟成するのです。
 
 二つ目は糖質制限で作っていたおからパン。生おからが三分の一、グルテンが三分の一、ふすまや木の実や大豆の粉を合わせて三分の一でイーストで膨らませたパンです。ふわふわで弾力もあってパンに近い雰囲気です。おからのおかげで値段も安くできますし。
 
 二つとももう何年も食べていないものでした。そして自分で作らないと食べられないものです。どちらも久しぶりで最初はそんなにおいしいと思っていなかったのに、今回食べたらこんなにおいしいものだったかなあと思いました。
 柚餅子は自分よりも大体周囲の糖質制限をしていない人に受けるので、手土産にも使えます。
 久しぶりに思い出していろいろすると、いいことがあるなと思いました。
 四月には仕事も少し減らすので、もう少し家のことができるといいなと思います。
スポンサーサイト
食材の好みもいろいろです
2017年01月19日 (木) | 編集 |
 普段の食材はグリーンコープで購入しています。
 生協で注文し忘れたり、なかったりして、近隣のスーパーで購入することもありますが、結局生協の品がおいしいなあと思うことが多いです。もう生協の味が好みになっているのかもしれません。
 先日は海苔でした。お正月用の岩のりは高価ですので購入したことはなく、親戚からのいただきものでしか食べたことがありません。しかし普段よく食べる焼き海苔は、生協のきず海苔を常用しています。
 少し前に、地元の催事でやはりきず海苔という表示ののりを買いました。これが味がすっかり違いました。生協は九州有明海ののりです。地元の催事で手に入れたものは東京でした。
 生協の有明海の海苔がローズマリーの口に合うのです。ぱりぱりとした食感、味、どちらも東京のものとは違います。
 製造方法が違うのかもしれません。
 さっそく生協に注文しておきました。
アップルバター
2017年01月17日 (火) | 編集 |
 アップルバターというとローズマリーは林檎を煮詰めたジャムみたいなものを想像していました。しかし日本の検索サイトではバターを加えたものばかり。
 こんな感じ

 あれって、もっと検索してみると、アメリカの作り方だとピューレやジャム的なものみたいです。
 こちら(ブログ 食いしん坊北、米でビーガンになる さん)やこちら(ブログ おいしいアメリカ さん)

 ローズマリーの好みは林檎だけのものですね。バターはその上に乗せようと思います。紅玉がしっかり保存してあるので作ろうかなと思っています。
卵だけケーキ
2017年01月03日 (火) | 編集 |
 卵デニッシュ部の本で卵だけケーキを作りました。生クリームと冷凍ブルーベリーで飾って、スコップケーキというのを作りました。
 卵だけケーキはスポンジケーキです。驚くほどスポンジでした。卵だけというと、どうしても卵焼きの雰囲気であるだろうと思っていたら、まったく違っていました。ちょうどやってきた従妹に食べさせてみたら驚いていました。
 スコップケーキという名前も知りませんでした。容器にクリームと果物とスポンジを入れて大きく作り、あとはスコップで掘りあげるようにして分けるケーキのことのようでした。
 容器に入れて蓋をしてしまうので冷蔵庫の中でも形が崩れないし便利な仕上げ方だなと思いました。また、盛り付けも崩れても平気ですし。

 こんなに簡単においしいケーキができるなんてすばらしいと思いました。
 今までスポンジケーキをふんわり仕上げるためにいろいろな工夫の本を読んだり、材料を工夫したりしてきたのに、まったくそんな必要はなかったんだなと思いました。卵だけをしっかり泡立てれば、こんなにふわふわでおいしいスポンジになるのですね。
 
 体に必要な栄養素を考えると、特にタンパク質をどうやって効率的にたくさん取っていくかが重要になるとわかってきました。そのために卵は値段も安く扱いやすい素材です。これがこんなにおいしく食べることができ、添加物を入れないで済むおやつにできるなんてすばらしいです。
 お子さんをお持ちのお母さん方にお勧めのケーキです。
卵の可能性
2016年12月28日 (水) | 編集 |
 facebookに卵デニッシュ部というグループがあります。卵を使って炭水化物の極力入らないパンなどを作るグループです。
 その発想は、すごいなあと思います。今まで小麦粉の代替品を考えることしかできていませんでしたが、そういうことではないんだなあと思いました。
 でんぷんがないときれいなシュークリームの皮はできないと聞き、そのまま信じ込んでいましたが、大きな誤りでした。卵デニッシュ部で作られているシュー皮は、今までのシュークリームの皮とは全く違う発想ですが、とてもきれいに出来上がります。びっくりです。パンもふわふわです。ふわふわが好きな日本人にはとてもあっていると思います。
 ほかにもケーキやマフィン、クレープ、小麦や穀類主体でないとおいしくできないという考えがどんどん覆されます。
 作り方は本も出ています。さっそく購入しました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

糖質ほぼゼロおもてなしレシピ [ 主婦の友社 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/12/28時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

糖質ほぼゼロスイーツ&スナック [ 主婦の友社 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/12/28時点)