諦めずに植えてみる201609
2016年09月14日 (水) | 編集 |
 七月に家人が雑草を残して植えていた植物を抜いてしまった場所、夏の間見るたび悲しい気分になっておりました。
 なんと、うれしいことに春咲く球根が少しずつ目を出しているのを発見しました。で、元気が出たローズマリーは新たに球根類を植えることにしました。生協で今までと同じような球根を注文しました。イタチごっこかもしれませんが、春先に花がないのも悲しいことですからがんばって植えていこうと思います。
スポンサーサイト
秋の白い花
2016年09月08日 (木) | 編集 |
 秋になると韮の花が咲き始めます。
 ローズマリー家の庭にはこぼれ種で韮がたくさん生えているのでこの時期はとてもうれしいです。小さな花ですが、ローズマリー好みの花なのです。
 
 近くの田んぼの半分が転作でソバ畑になっています。夏に種まきをされてから芽が出るまではバラバラな感じですが、いったん雨が降るとぐんぐん伸びてつぼみがつきます。今は花が咲いています。これも白い小さな花です。
 田んぼは黄金色の実りで間に転作のソバ畑の白い花畑が並んでいます。いい風景です。経済的なことや作業効率などを考えるとどうなっているのかわかりませんが、今の風景はきれいです。春は転作用地が荒れたようになっていて少しさびしい感じです。
 春の田植すぐは夜のお月様や風景が水を張った田んぼにうつってそれはそれはきれいです。テレビで見るどこぞの国の塩湖の風景のようです。
 季節季節で風景が変わっていくのを感じながら通勤しています。
林檎の落下
2016年09月03日 (土) | 編集 |
 庭に植えている六本の林檎の木があります。カラムナータイプという枝が広がらない樹種です。
 メイポール、ワルツ、ポルカがそれぞれ二本ずつです。天香園から苗をいただきました。
 最初の年は実がつきましたが、その後虫がついて葉っぱも実もすっかり食べられてしまいました。
次の年は花が来ませんでした。今年はメイポールの花が来て、六個くらいずつ実がつきました。ところが夏の暑さに蒸れたのでしょうか盆明けに赤い実の色が薄くなったと思ったら実が落ちてしまいました。
 ワルツとポルカは花の時期に大風が吹いてとばされてしまいあきらめていました。忘れてしまった頃、ワルツが二つ実をつけているのを発見しました。小躍りして喜びましたが、今朝実が落ちているのを発見しました。
 たった数個の実で一喜一憂です。これが農園を作っておられるところでの落下ならどんなに衝撃なことでしょう。丹精込めた農作物が一晩の台風など気象に左右される人間の仕事のはかなさを思いました。
 現在気に残っている実は、メイポールが一個、ワルツが一個です。収穫まで無事にいられるでしょうか。
バジルの種まき八月
2016年08月14日 (日) | 編集 |
 六月初旬にバジルをシソの種まきをして発芽まで一週間かかりました。
 先日、鉢植えバジルの先輩下着屋さんIN STILEで「すっかり気温の上がった今だともっと発芽が早いんですよ」と聞き再度挑戦しました。
 確かにバジルの発芽適温は20~25℃(情報元によって差がある)で気温低いと難しいようです。今は毎日最低24℃、最高33℃くらいです。
 さっそく蒔いてみました。発芽まで二~三日でした。さて大きくなるかなあ。
家人の自慢顔
2016年07月20日 (水) | 編集 |
 毎年のことながら、またやられてしまいました。家人が庭の「草取り」をしたのです。もちろん栽培しているもの、意識的に植えたもの、自生しているけれど大事なもの、そうでないものの区別がありません。すべて平等にとっています。
 去年の秋から改造している生垣の下の多年草花壇をやられました。球根類がむき出しになったのを掘り出してまで取っています。春に新しく植えたつるものも抜いています。
 最低です。人が丹精しているものを台無しにしておいて自分は自慢顔です。
 来春のムスカリや原種のチューリップなどはもう見られないでしょう。毎季節これをやられるといろいろとお金をかけて植えていくのが馬鹿らしくなります。でも季節季節の花はローズマリーの楽しみなのに、どうしてわかってもらえないのでしょうか。
 花が咲いても見向きもしませんし、きれいな実をつけても知らん顔です。毎回苦情を言いやめてほしいと懇願し、せめて「草取りの前に人ことかけてほしい」と言っているのに、なぜ「草取り」をして自慢できるのか、これはひとえに嫌がらせの何物でもないと思います。
 これは闘いでしょうな。相手を理解しようとせずに、お互いの意見だけを言っているという事態ですね。この場合仲裁の策はないのでしょうか。今のところありません。