はちぶんぶん
2017年05月11日 (木) | 編集 |
 連休中にエゴノキの花が咲き初めました。ローズマリー家のエゴノキにはカロライナジャスミンを絡ませてあるので先に黄色のジャスミンが咲いて終わりごろエゴノキの花が咲きだします。本の一時白と黄色が共存します。
 
 エゴノキの花は人間にもわかるくらいの匂いがあるので虫がたくさんやってきます。特に小さく丸い蜂がやってきます。ちょうどそのころセンテッドゼラニウム、フレンチラベンダーも咲くので庭には虫がたくさんいます。四月から初夏までの間、我が家の庭は入れ代わり花が咲いてにぎやかです。
 と言っても放置している状態で咲いてくれる花たちなので、よそのお宅のようではなく、緑の中にちらほらと花が見えるといった風情です。

 でもそれが楽しみなのでいいのです。今年はいただきもののボリジの苗を三か所に植えてみました。どこが適しているのかなと思ってみています。
 今のところ、元砂地の花壇が一番生育がよいです。ゼラニウムやミントが生えている場所のすぐそばです。
 韮の繁茂する元畑ではうまくいかないようです。小さくなっていく気がします。
 地面の固いラベンダーの近くは、小さくも大きくもなりません。このラベンダーは梅雨時に咲きますが、最近勢いがなくなりつつあり、五本のうち三本までが枯れました。補充するかどうか考え中です。
スポンサーサイト
玄関への道、エクステリア
2017年04月19日 (水) | 編集 |
 庭のきれいな季節です。これからは新緑に移っていくことでしょうね。
 あちこちの素敵なお庭を見ているうちに気が付いたことがあります。

 門扉や、駐車場などの入り口から建物の玄関までのお庭の様子です。
 多くの家は、人が二人くらいゆったり並んで出入りできるような幅でレンガや石などを敷いた道があります。
 しかし中には、入るのに体を横にして蟹のように歩かないといけないような小道にしてある家があります。それでも庭木に体が触れてしまうくらいの狭さです。出入り口に設置してある郵便受けは、フランス風というのでしょうか、長細い形で郵便物や新聞などは丸めないと入らないだろうなというようものです。

 自治会の回覧板などはもちろん入らないでしょうね。宅急便など荷物を持った業者なんてどうやって入るんだろうと思います。

 そういう家は玄関まで人が入るのを拒んでいるような雰囲気を感じます。どういう気持ちで玄関までの入り口を作られたのか聴いてみたいような気がします。

 もしかして、樹木に触れ合ってほしいとかの気持ちでしょうか、匂いの良い樹木にしてあるとか?
 でも雨や夜露で濡れているときなど、服が濡れそうで嫌だなあと思います。匂いも好みがあるので服についたり肌についたりはごめんです。花粉が服につくのも嫌だなあと思います。
 
 いろいろな考えの方がおられますが、出かけたおうちで入口が狭いと、ローズマリーは嘆息してしまいます。見た目は秘密の花園の入り口みたいで素敵なんですけど、できれば明るく広やかに迎えてほしいなあと思います。
 
ボリジ
2017年04月09日 (日) | 編集 |
 職場のお客さんから、ボリジの苗をいただきました。「どんどん増えて困っているから。植えとくだけでどんどん増える」というお話しでした。
 調べてみると、乾燥が好きだけど暑いのは嫌い、水はけがよいほうがよいとのことでした。ラベンダーみたいな場所がいいのかもしれませんね。一年草の区分けらしいので、種でどんどん増えているのでしょうね。
 庭のどこ植えるか悩んでいます。
 葉っぱはサラダに、花は卵白をつけて砂糖をまぶせば保存できてお菓子の飾りなどに使えるらしいです。
諦めずに植えてみる201609
2016年09月14日 (水) | 編集 |
 七月に家人が雑草を残して植えていた植物を抜いてしまった場所、夏の間見るたび悲しい気分になっておりました。
 なんと、うれしいことに春咲く球根が少しずつ目を出しているのを発見しました。で、元気が出たローズマリーは新たに球根類を植えることにしました。生協で今までと同じような球根を注文しました。イタチごっこかもしれませんが、春先に花がないのも悲しいことですからがんばって植えていこうと思います。
秋の白い花
2016年09月08日 (木) | 編集 |
 秋になると韮の花が咲き始めます。
 ローズマリー家の庭にはこぼれ種で韮がたくさん生えているのでこの時期はとてもうれしいです。小さな花ですが、ローズマリー好みの花なのです。
 
 近くの田んぼの半分が転作でソバ畑になっています。夏に種まきをされてから芽が出るまではバラバラな感じですが、いったん雨が降るとぐんぐん伸びてつぼみがつきます。今は花が咲いています。これも白い小さな花です。
 田んぼは黄金色の実りで間に転作のソバ畑の白い花畑が並んでいます。いい風景です。経済的なことや作業効率などを考えるとどうなっているのかわかりませんが、今の風景はきれいです。春は転作用地が荒れたようになっていて少しさびしい感じです。
 春の田植すぐは夜のお月様や風景が水を張った田んぼにうつってそれはそれはきれいです。テレビで見るどこぞの国の塩湖の風景のようです。
 季節季節で風景が変わっていくのを感じながら通勤しています。