プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


 子供の頃から読んでいたシャーロック・ホームズのテレビ番組、ジェレミー・ブレッド氏のホームズが好きでした。ワトソンさんも落ち着いた雰囲気がお気に入りでした。
 数年前に、新しく時代も現代に移して始まった番組、これは画面は目がちかちかするようでちょっと映像処理が現代的過ぎて疲れるなあと思っています。中身は面白いのですが、映像としてはちょっとついていけない感じです。
 正月にまとめて放映されたので録画して、やっと全部見ることができました。女性が格好良く描かれていて時代かなあと思います。でも、それはそれでいいのかも。シャーロックのむちゃくちゃな雰囲気も、ワトソンさんのお人よし部分もすてきです。
 見た後はちょっとすっきりしていい感じでした。
スポンサーサイト

憧れの尼僧

 テレビで尼寺の様子を見ていて、出家したかった頃のことを思い出しました。

 と言っても宗教にあこがれたというわけではなく、一般社会に嫌気がさして逃げ出したくなっただけです。ですから、どの宗教で修業してもやはり社会と断絶するわけにはいかない、人間としての社会は常にそこにあると気が付きました。出家することが解決策にはならないということが分かったのです。

 そして、一般的な人間社会で過ごすことが最も人生の修業になるのだろうと思って日々暮らしています。

 これがもっと信仰心や宗教心に篤い家庭の子どもだったらそうでもなかったかもしれませんが、既存の宗教の中にはローズマリーの救いはないのだと思っています。宗教にとらわれない、自分自身の修業を常に感じつつ生きていくしかないのだろうなと思っています。

 ただ心のどこかで、修行を続けて目指す師匠があり導かれ規律の中で生活するということにあこがれがあるのですね。尼寺や尼僧院の生活が出てくる番組や本には興味がひかれます。

 尼僧院の食卓や、修道院に伝わる薬草、などの言葉があるとついそれを選んでしまいます。
NHK Eテレの番組「やまと尼寺精進日記」「やまと尼寺献立帳」を見ています。
 御住職と副住職だけの尼寺のお話しです。尼寺には月に何日かお手伝いの方も来ておられて、三人一緒にいろいろとお勤めや作業やお寺の日常が描かれています。
 集落からは山道を40分かけて上った場所にお寺はあるそうです。お寺の行事に使ういろいろを檀家さんや信徒さんと一緒に作ったりご本尊の観音様へのお供えのお下がりを料理にしたり、面白い番組です。月に一度の新しい番組でひと月の間に何回か再放送があります。
 これを録画して何度も見ます。御住職や副住職、お手伝いさんの軽やかな会話や料理のコツなど面白さが満載です。
 尼寺の台所には、廉価版の薪ストーブ、業務用のステンレス調理台、年代物らしい電子レンジがみえます。でも新しそうな食器洗浄機も見えます。大きなお鍋や飯台もあるし、小さな小物もあります。
 境内のぎんなんを取って食べられるようにするまでの作業はすごいなあと思ってみました。さっそく食べたくなって生協にぎんなんを注文しました。
 また干し柿が、ローズマリーの住むあたりでは細く長めの渋柿なのですが、尼寺あたりでは丸っこい渋柿でした。参考になる写真はこちら。蜂屋、愛宕、甲州百目柿、西条といった感じがローズマリーの思う渋柿です。尼寺で使っておられるのとは違います。土地柄だなあと思ってみました。尼寺のある奈良県は全国二位、隣の和歌山県は一位の生産量だそうなので、柿の種類も豊富にあるのでしょうね。
 この番組がとっても楽しみで、月の終わりの新しい番組になると、ああ、またひと月が終わったなという気持ちになります。 
やすらぎの郷 
CRISIS 
ツバキ文具店

を録画してみています。続けてみているグレーテルのかまど猫のしっぽカエルの手サラメシなども相変わらずです。
久しぶりのふるカフェも見ています。NHKが多いですね。CMが少ないので見ていることが多いのかもしれません。

 NHKの連続ドラマ、今回視聴率低いそうですが、ローズマリーは良いほうだなと思っています。ローズマリーは主人公がバカっぽく演出されるのは嫌いです。今回はまじめな農村の少女的な感じで、真摯に家族を思い課業である農業にいそしみ、好感がもてます。そういうところが世間的には面白くないのかもしれませんね。
 前述のやすらぎの郷は、登場人物がすごい俳優さんばかりなので興味をひかれました。毎日少しずつ見るにはいいかなと思っています。
 CRISISはアクションのある刑事ものですね。今のところ謎解きはあんまり感心しなかったり拍子抜けだったりしていますが、アクションなどを興味深く見ています。
 ツバキ文具店は、興味ひかれる題材です。代書屋というあまり聞かなくなった職業で面白そうかなあと思っています。

 もともとテレビっ子ですが、家人と見たい番組が違うのでほぼ録画です。リアルタイムでは見ていないので、曜日感覚はありませんが、楽しみにしています。
 昔は昼間に、以前夜やっていたドラマなどを再放送していてそれを楽しみにしておりましたが、最近そういうドラマが少なくなりました。番組自体が減っているのかもしれません。
 
 
 ちょっと気になって録画してみた番組です。NHK Eテレ オリガミ魔女と博士の四角い時間
 オリガミを教えてくれる博士の家は、ログハウスです。そして暖房は薪ストーブがついています。その薪ストーブはバーモントキャスティング社レゾリュート・アクレイムという機種のようです。薪ストーブを導入前にしっかりと調べたローズマリーにはその頃調べた機種なら結構しっかり頭に入っています。最近の新機種については全く調べていないので覚えられませんけれど。
 ログハウスって素敵ですよね。オリガミの中身よりもログハウスの中の間取りや、家具や調度品を見てしまいます。
 不思議な人物の着ている着物や帯の柄とか、髪型なども確認していいとか悪いとか思ってみています。まあ好みですけれどね。
 久しぶりに背景が面白い番組を見つけました。内容も面白そうです。随時放送だそうですから、キーワードで予約録画しておくのがいいかもしれません。

 | ホーム |  前のページ»»