薪運びのお供には

 薪運びは単調で、重労働です。同じ場所を往復して屈んで薪を拾い上げ、棚に移すというのを棚がいっぱいになるまで、拾い上げる薪がなくなるまで続けます。ひと棚埋めるのにほぼ一時間かかります。
 腰痛予防のカイロを貼って、ベルトをして、汚れ防止のゴアテックスの合羽を着て取り組みます。
 お供は音楽です。どんな音楽にするか、その時の気分で決めています。
 今年は80年代の女性アイドルの曲にしました。ほとんど覚えていて一緒に歌える歌ばかりです。カラオケボックスのように歌いながら作業するとあっという間に時間がたつように思います。
 作業しながら歌うとトレーニングにもなると思います。
 薪運びは、心肺機能も腕や脚の筋肉も鍛えることができる良い運動です。

 ほかにも薪を薪置き場から車に移す仕事もあります。薪置き場は山ですからしんとしていて、春から夏の終わりまでなら、鳥や虫の声がするのですが、もう静かになってしまいました。こちらの山ではローズマリーの車一回分はほぼ30分から40分で詰めます。車を棚すぐ近くにつけられるかどうかで時間は決まります。車が近くに付けられなかったら歩く距離が増えるのでそれだけ時間がかかります。
 ここでの今年の曲は、「大瀧詠一BestOlways」です。うきうきわくわくする曲たちです。作業がどんどん進む快活な曲です。
スポンサーサイト

食事時の音楽

 職場で利用者さんのお食事介助時に音楽が流されています。
 ロックやポピュラー、懐メロ、映画音楽、オルゴールなどいろいろです。ローズマリーもボサノヴァやジャズ、ハワイアンなどを持参してみました。
 なんとジャズは寝てしまわれる利用者さんがあるようで、いいのか悪いのか、悩ましい結果になりました。
 次はジプシーキングスのアルバムを持参してみようと思っています。

電子楽譜専用端末

 Gvidoという楽譜専用端末が発売されましたね。こちら

 見開きできること、簡単な譜めくり(フットスイッチもある)、書き込みができるなど大量の楽譜を持ち歩く必要のある人には便利そうです。
 西洋音楽の五線譜用なのですが、和楽器のたて譜にも応用できるでしょうか?めくりが右左反対ですが、そんなに変わったことしなければいけそうな気もします。
 たくさんの楽譜を持ち歩く必要のない初級者とはいえど、先輩方の曲を聴くために自分では演奏しない曲の楽譜も持ち歩きますから、そういうものが一つのコンピュータに納まるとすればとても便利です。
 お値段も高くどんな楽譜がというところではまだまだ微妙ですが、今後進んでいく業界でしょうね。

 紙楽譜も持ちながらそれでもコンピュータも使えたら便利だと思います。早く汎用化されやすくなるといいなと思います。

箏の曲 千鳥

 次のお弾き初めに「千鳥」を演奏する予定になり、お稽古を始めています。すでに一度習っているのですが、大変だった覚えがあります。唄つきなので歌えないとお話になりません。
 音源を探してみますと、youtubeに宮城道雄氏の演奏がありました。手持ちのCDには宮城和江氏と小橋幹子氏(替え手)、我が師匠の師匠である須山知行氏と中島警子氏の演奏の三つを聞くことができました。
 どなたも素晴らしい演奏でした。
 須山知行氏の演奏をiphoneに入れておくと便利です。簡単に繰り返し聞くことができるのです。早く覚えなくては。

邦楽の演奏会に行きました。

 松江市で邦楽関係の芸能を勉強しておられる方たちの演奏会に行きました。
 始まる時間になってもお客さんは会場の三分の一程度、そしてほとんどが60代以降の御老人です。客席の階段を手すりがないと歩けないような方たちがほとんどでした。客席の椅子に手を伸ばして体を支えながら階段状の客席を歩いておられる方たちを見ると、ホールなどのバリアフリーは難しいのかなあと思いました。
 中には認知症と思われる方たちも幾人かおられました。昔のお友達の出演を見に来ておられるようで、とても微笑ましかったです。
 客席は、演目の途中でも平気で行き来する人もあり不快な感じでした。席はたくさん空いていたのですから、他の方の迷惑にならない場所で待つことはできなかったのかなあと思いました。
 
 さて演奏はというと、箏三絃を習っているローズマリーが聞いても耳なじみのない曲調や単調な演奏方法でした。引き寄せられるなと思うような演奏もいくつかありましたが、それだけのためにあの長い時間を過ごすのはとても苦痛でした。
 ローズマリーは最後の方の出演者の演奏を聴きたいと思っていましたが、耐えられず途中退席いたしました。
 自分で演奏するときには必死ですが、こういう客観的に聞く機会があると、とても勉強になります。

 高校生までの学生は無料となっていましたが、客席には見られませんでした。どの演奏をなさる社中もそれなりにお弟子さんをお持ちのはずですが、自分たちの先生や先輩方の演奏を聴きにという価値観はまるでないようですね。残念なことですね。
 しかし聞きに来ても、あれは客席でじっとしているのはつらいだろうなあと思います。
 
 もっともっと邦楽は勉強が必要なのだなあと実感しました。ローズマリーは先日Youtubeでウクレレを弾く少年を見つけました。こちら
 CDデビューするくらい上手です。そしてとても楽しそうに演奏します。
 邦楽についてもそういう演奏態度や選曲も必要だろうなあと思いました。
プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR