個別記事の管理2017-06-16 (Fri)
 三絃の糸まきのねじが割れていたので修理をお願いしておりました。
 先日の稽古の時に師匠宅に楽器屋さんが来てくださって修理してくださいました。
 ローズマリーの手元不如意がよくお分かりで、中古品で対応してくださいました。そのため、前回の駒修理と合わせて2000円で済みました。本当に修理が多いローズマリーの楽器です。 
 本当は余裕があればいい楽器がほしいところです。音色がよければ練習だって絶対楽しくなります。変な音しか出なければ、練習だってつまらないのです。
 ただ、今の楽器は安くて買ったのですが、もうローズマリーになじんでいて、演奏しやすいし音も好きです。苦労が多い子も可愛いものです。
 お箏は確かに新しい楽器の方が音もよくて全然違うのがわかります。しかし、その箏もローズマリーがひくのと師匠がひくのでは音色がまったく違います。同じ楽器でこれだけ違うのかと愕然とします。それだけ楽器の良さを追求していないのだとも思います。
 
 三絃も今の楽器を大事にして、いい音色が出るように精進したいと思います。思うんだけど……練習がね(苦笑)
スポンサーサイト
* Category : 音楽
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-06-10 (Sat)
 師匠宅でお稽古の時、三絃を持参しております。調絃の時に、ねじが回らなくなりおかしいなあと思っていました。師匠に断わって、三絃を持ち直してねじを見てみますと、なんとねじが割れていました。
 ローズマリーの三絃はお稽古用の廉価版です。今までも何回かあちこち修理に出してきました。友達が買った高級品は一度もそういう故障がありません。やはり廉価版はそれなりです。仕方がありません。まあ廉価版ですので部品その他も全部それなりで安いのです。
 今回もあわてて楽器屋さんに電話をしました。次のお稽古の日に師匠宅に楽器屋さんに来ていただくことになりました。
 出費がかさまないことを祈っています。

 ちなみに、三絃の糸は三本、ねじもそれぞれ一本なのですが、このねじ、一本ごとに売っているのか三本組になっているのかわかりません。組のものなら三本買わねばならないでしょう。値段をお聞きしていないので、修理が終わるまでドキドキです。
 練習用には師匠が三絃をお貸しくださいました。それもまた圧力でございます。
 とほほです。
* Category : 音楽
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-06-05 (Mon)
 出雲市の船越幸先生開軒60周年邦楽船越会創立30周年記念演奏会に師匠や師匠のお友達の先生、先輩方と出かけました。
 出雲駅南側にあるビッグハート白のホールで行われました。
 残念ながら白のホールのお客さんは少なく会場はガラガラでした。
 出演は船越会の皆さん、師範資格を取って生徒さんを持っておられる元生徒さんや、出雲市や松江市で箏を教えている先生がお二人でした。他に九州から船越幸先生の甥御さんにあたる尺八のプロの演奏家の方が来ておられました。
 宮城会の先生なので、ローズマリーが知っている曲も何曲もあって親しみやすいと思いました。がどの曲も長く、またたくさんの曲でほぼ三時間の演奏会は疲れてしまいました。やはり演奏会は二時間程度で、あとでお茶をして帰るくらいの余裕がお客にもあるといいなと後でみんなで話しました。三時間だと行きかえりや午後のあれこれを考えると、演奏会が終わるとさっさとお別れとなって感想を話したりということができませんでした。
 
 演奏会の中ではいろいろと勉強になることがたくさんありました。事故は起こるものですから、その準備を怠りなくしておくこと、そしてその対応もちゃんと打ち合わせておかないといけないことなどやはり危機管理はどんな場面でも大事なことだなと話し合いました。

開軒というのは、資格を取って教え始められてからということだそうです。つまり60年もの長きにわたって、箏三絃を教え続けてこられたということです。その間にはどんなにたくさんの生徒さんが巣立って行かれたことでしょう。続けることの偉大さと、その難関さを思うと、先生ご自身ご家族の方々それぞれが感慨深いことだろうなと思います。
 まだまだお元気でいらっしゃるようなので、記録は続いていくのだろうと思います。お元気な先生方が多いとローズマリーも目指す道として嬉しいと思いました。
* Category : 音楽
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-04-11 (Tue)
 二年ぶりの健康舞踊の練習に行ってきました。
 今お仲間の皆さんは発表会に向けて練習しておられるところです。ローズマリーもそこに入って練習することになります。あんまり気のりはしないというのが本音ですが、仕方ありません。習っている以上先生への仁義ですから、発表会には参加することにしています。
 振り付けはすっかり忘れているので思い出すより新しく覚えるといった風情です。
 いろいろと覚えることがたくさんありますが、まあいつも通り練習するという感じです。
* Category : 音楽
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-04-06 (Thu)
 NHKの番組「世界入りにくい居酒屋」を楽しみに録画してみています。今は、今まで放映した中から選んだものが出ているようです。ホノルルを見ました。もちろん以前も見たことがある回です。
 久しぶりに聞いたハワイアンミュージックがとてもよかったです。「ここにはアロハがある」ああ、そうだなあ地元愛なんだなあと思いました。まだ有名でないバンドの演奏する場所を提供している居酒屋です。でも演奏は素敵でした。居酒屋のお客さんたちが踊りだします。編集後記も掲載されています。
 日本の地元の音楽ってなんでしょう。民謡でしょうか。日本人だけど、民謡には興味をひかれません。なぜでしょうねえ。
 ハワイアンはとても素敵で、いつも聞きたいくらい好きなんですけど。
* Category : 音楽
* Comment : (0) * Trackback : (-) |