スーツケース
2017年03月29日 (水) | 編集 |
 ローズマリー家にはスーツケースが二つあります。
 機内持ち込みのできる小さなスーツケース、スワニーのものです。以前姪の結婚式に一泊で出かけた時に購入したもので、最近では家人が出張によく使っています。
 大きめの軽いスーツケース、ロンカートです。ローズマリーの膝くらいの高さです。これは自衛隊の訓練に行くときの荷物が多かったので購入しました。洗濯をしないで訓練を終えようと思うと結構な荷物になってしまいます。

 どちらもバッグショップkawataという鞄屋さんで買いました。今はイオンに入っています。
 転がして音をきき、もって重さを確認したりしながら選びました。

 知人と旅行をしたら、知人のスーツケースのタイヤが摩耗して変形していたのでびっくりしました。道路を転がせば摩耗するでしょうねえ。知人のものは、転がし方に癖があるのでしょう、一か所のタイヤだけが摩耗していたのでした。
 ローズマリーは機能重視ですが、知人は見た目重視なようです。買った理由は「かわいかったから」なるほど持っていて楽しい模様です。値段は聞きませんでしたが、常に使うようなのでそこは元が取れる値段なのでしょう。
 今回タイヤが摩耗したので新しいものを購入予定のようです。

 ローズマリーももし今からもう一度スーツケースを買うとしたら何を選ぶかなあと考えてみました。

 知人は体力があって若いので、転がすときの力とか重さとかはあまり気にならないようです。
 ローズマリーは若いときから人と比べて体力に自信がある方ではないので、まずは動かしやすさや軽さが重要です。見た目は色くらいで柄物は考えたことがありません。
 柄をつけるなら、自分でステッカーやステンシルなどをするという方法を考えるほうですね。こだわりが強いので、自分の思うような柄はまずありませんからね。

 今は鞄に柄物を持ちたいとはあまり思っていません。

 二つの手もちのスーツケースの間の大きさにするなら、またロンカートがいいかなあと思っています。もう一つ考慮に揚げたスーツケースもあったのですが重さが少しロンカートより重いです。軽さ重視かなと思います。
 一応考慮に揚げた鞄も掲載しましょう。エンドー鞄です。
スポンサーサイト
新しい名刺
2017年03月13日 (月) | 編集 |
 職業名をかいた名刺を持っております。
 この名刺は、技能公募予備自衛官補教育訓練の時、同期に名前を覚えてもらおうと思って作ったものです。その時はまだ予備自衛官任官前だったので職業名だけをかいていました。
 その後無事に予備自衛官になりました。そして地元の自衛隊関連の行事に出るとき「予備自衛官って書いてない~」と指摘されることが多くなったので、もう一つ予備自衛官と書いた名刺を作ることにしました。
 本当は名刺にかきたいことがたくさんあるけれど、職業名と予備自衛官と、氏名、ブログアドレスとをかいた簡単名刺にしました。
 まあ代わり映えしないと言えばそうですが、これでいいかなと思います。

 名刺作りは簡単にできるようになりました。以前ホームセンターで入手した名刺用紙に、その用紙の会社のサイトに行くと既にサンプルができていてそれに入力して印刷するだけでできるのです。すぐにできました。

 今後は二種類の名刺を携帯します。
そろそろみそ仕込み2017
2017年01月16日 (月) | 編集 |
 近年いろいろあってみそ仕込みができなかったのですが、今年は少量でもいいから仕込もうと思います。若い味噌とよくなれた味噌を混ぜて使うようにしたので、毎年若い味噌が必要なんです。今のところ何年も作りためたよくなれた味噌がたくさんあるので、若い味噌は少量ずつ仕込んでいけばいいかなと思っています。

 今年は1キロの豆を同量の米麹で仕込もうと思っています。以前は2倍麹にしていたので、発酵が早かったと思いますので今後は発酵がゆっくりになるのでしょう。
 今年は生協で乾燥麹を注文してやってみます。乾燥麹を使う方法をWEBで検索しておかないといけません。
 こういう仕込みものは大好きです。
父と母のかかわり、子育てって命を育てることなんだと思う
2017年01月12日 (木) | 編集 |
 職場の同僚は子供二人、二人目の育休が明けて数カ月です。正月にも仕事するそうです。ご主人が休みの間に出勤しておきたいそうです。ふとした話から
「夫は下の子がいると面倒だっていうので保育所に預けている。下の子は食物アレルギーがあって食事がいろいろ大変だから夫にはちょっと。一度喉の奥が腫れて救急車で運んだことあるし」
あれって思いました。ご家族にはいろいろお考えがあるとは思います。が私はちょっと気になるなと思ったのです。

以下はもちろんローズマリーの意見です。
 下の子どもさん(仮に下ちゃんとする)と上の子供さん(仮に上ちゃんとする)だと、上ちゃんがもう大きいし、きっと聞き分けもできて、子守をするにはやりやすいと思います。しかし、下ちゃんはアレルギーがあってほかの人ではお世話が難しいのではないのでしょうか。のどの奥が晴れるような重症な症状が出るくらいなら、よけいに両親二人共がきちんと把握してお世話ができる必要があると思います。まだ自分で何が食べられないかわからない乳幼児期なんですから。
 父は分からず、母だけが把握というのは危機管理として、甘いと思います。母が病気や事故に合わないという保証があるでしょうか?今日帰りに交通事故で意識不明になるかもしれません。そんな家族に危険が及んだ時、下ちゃんは父が世話ができないなら病院などに入院になってしまうでしょう。しかしその下ちゃんの様子を父は病院に説明できるでしょうか?
 それでは下ちゃんは命の危険となってしまいます。

 家族の誰かに病気やいろいろな配慮の必要なことがある場合、お世話ができるのが一人というのは非常に危険です。せめて両親、兄弟、できれば祖父母、叔父伯母など様々な人がその状況を知っておくと危険は回避できます。
 お母さんは説明が面倒なのでしょうか、でもそれではその子の危険を大きくするだけです。

 何かあった時、日頃からだれでも大丈夫という状況を作っておくことが危機管理につながると思います。お母さんは弱い子供さんを抱え込まないようにしてください。面倒でも、最低ご主人や祖父母に説明し、実際にお世話ができるようにしておくことは重要だと思います。
 
 価値観は人それぞれです。でも子供のうち、世話の必要な小さいときだけは何とか守ってあげたいと思うのです。
 上ちゃんも下ちゃんも元気で楽しく過ごしてほしいです。世話ができないからと下ちゃんからお父さんとの時間を奪ってしまうのはひどいという思いもあります。
 どうかみんな楽しく元気で!!
居間の模様替え完成後ー2赤
2017年01月05日 (木) | 編集 |

これが新年の色になった今の模様替え後です。

秋から年末がこちら
20161113-2.jpg

模様替え途中の記事はこちらでした。こちら