プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


薪棚が落ちた

 物置薪棚の棚が落ちました。
 下の段も上の段も満杯に入っていたので、最初は気が付きませんでした。八棚あるうちの二つの上の棚を支えている枠が落ちてしまったのでした。仕方がないので薪は上の棚から取っています。今まで何度も落ちた場所なので、もうあきらめて下の段と上の段を続きで使おうと思います。
 
 まあこういう運命だったのかもしれません。
スポンサーサイト
 ローズマリーは普通に元気ですが、ここというときの踏ん張りは効かないような子供でした。別に命に別状のあるような重病ではありませんが、適当に風邪をひいたり、虫歯になったり、アレルギーをやったり、そこそこ病院のお世話になって大きくなりました。片頭痛もちでもありますし、薬局にもよくいきます。
 糖質制限を始めて過去最高と言えるほど元気ですが、それでも加齢はあります。感染症にもかかります。先日溶連菌感染症になり、家事が滞りました。家人が家事をする気がないためですが、そのあたりはまたの機会に話したいと思います。

 今回は、秋に導入した食器洗浄機と洗濯機がとても助けてくれました。寝床から起きられるようになりますと家事を普段分担している分、全部たまっているのが目についていました。ローズマリーが動かない分、家人の一人暮らしのような雰囲気です。
 食器洗浄機にかけても結局一回分でできました。容量が大きいから助かりました。日数はたっていましたが人数減っている分普段と変わらないくらいでした。
 洗濯機も、分類して種類ごとにたまってから選択している方式なので、特に変わりなくできました。やってみたら、取り立ててどれも作業量は変わりませんでした。
 普段の機械の作業量が多くてどんどん作業が終わるので、楽になっていて片付いていたから、病んでいる時期だけのものになってそんなに量が増えなかったのだなと今更ながら、普段から楽に作業していたことの恩恵だったと気が付きました。

 これからどんどん加齢が進み、体調が悪いから今日はお休みだということも増えるかもしれません。それでも機械でその分を補ってくれるのだと思うと、安心感があります。確かに初期投資の大きい機械ですが、この安心感が大きいです。
 ミーレの機械にしてよかったなあと思いました。
 家人がローズマリーの好みでないアクセサリーや衣類などを結婚記念日等のおくりものにせず、すべて任せてくれるのでありがたいです。

 ちなみに、先日のローズマリーの誕生日には、自分の交通違反切符を持って帰り「これをお小遣いで払うから、それがおくりもの」とのたまいました。
 
 それでいいです。ローズマリーは家事軽減が一番の贈り物です。
 居間のソファかわりの畳ベッドにはクッションや昼寝の掛物として、羽毛布団や毛布が置いてあります。この羽毛布団が夏用なので肌寒くなってきました。昼寝の時には布団の上に毛布もかけるのですがそれでも寒いので押し入れの中を何かないか探してみました。
 ちょうどもう一枚夏用羽毛布団が見つかりました。二枚一緒にシーツに入れて、羽毛の層を二重にしてみました。これで様子を見てみようと思います。
 今年かったウール100%の毛布も加えてみます。
 薪作業が一息つきました。薪ストーブ屋さんに預けてあった薪を家の薪棚に収めました。
 結局今年の作業日程は、薪ストーブ屋さんでの薪割会参加が三日、薪を運搬搬入が二日間、家の薪棚股づけに一日で年間6日でした。そのため雑木が全然集まっておらず、ちょっと不安な感じです。薪ストーブ同好会の作業にまったく参加できなかったのが敗因と思われます。来年はしっかりと参加したいものです。
 その上庭には古い原木がそのままになっております。これを何とか冬の間に始末せねばなりません。
 今回搬入した薪はこの冬には使いません。次の次の冬のためのものです。先送りしておくのは乾燥のためです。広葉樹は乾くのが遅いのです。針葉樹だと冬から春に用意して秋から使い始めることもできますが、広葉樹ではそれは水分が多くて燃えにくく煙や煙突の煤の原因になったりするようです。
 火力がすぐに上がるのは針葉樹なので、どちらも集めておくと便利なのです。他にも細い枝のようなものもあると焚きつけに便利です。ローズマリーは太い枝を焚きつけのために細くするというのはしない方針です。たきつけにはそれに適した細い枝をさがします。これは結構散歩していたりすると集めることができるので、なんにせよ自分で動く、作業するというのが重要になりますね。
 買えばある薪ですが、安く上げようとか、自然に寄り添いたいという気持ちや自然を楽しむためには自分で集めるのがとても大切だなと思います。
 来年はがんばろうと思います。
 職場の子育て中のお母さんと洗濯乾燥機導入のことで盛り上がりました。太陽に干したいのも山々だけど、忙しいことや、晴れの日に家にいられないこと、不規則な仕事の中で家事をこなすには便利な道具もいいなと思うようになったという話でした。
「柔軟剤を使わなくてもタオルがふわふわになりましたね」
「途中で雨になった日も洗濯物を気にしなくていい」
「干す手間がいらない」
「アレルゲンがつくとか、PM2.5も気にしなくていい」
などと。

 しかし彼女には困ったことも。
 制服職場ですが、寒くなるとみんなカーディガンを羽織られます。それは個人もちで自分で洗濯しておられます。前日の彼女は、カーディガンも一緒に乾燥にかけてしまったそうです。
 そういえば、小柄な彼女のカーディガンは七分袖で丈もウエストくらいまでです。ローズマリーは新卒の頃もう数十年前に購入したものなのでデザインも昔ながらのもので、手首までの袖丈、身丈は腰が隠れるくらいなんです。つまり彼女のカーディガンは縮んでしまったんですね。
 職場ではそうとは知らず、「新しいデザインかと思ってた」「袖が邪魔にならなくてよさそうだと思っていた」「おしゃれだなあと思ってた」などと好意的にとられていました。また彼女が小柄で、そういうデザインがとてもよく似合っていたということもあると思います。

 ローズマリーのミーレ洗濯乾燥機はウール洗いもシルク洗いもあり、専用の洗剤も購入しているのでそういうことはありません。びっくりしてしまいました。
 新しい機械というのはいろいろと失敗もつきものですね。

 | ホーム |  前のページ»»