しまね性暴力被害者支援センターさひめの公開講座に行きました。
2017年05月28日 (日) | 編集 |
 週末スティックビルで行われた「さひめ」の公開講座に行きました。
 今回は「貧困がもたらすこどもの性と生」というタイトルで元養護教諭の宍倉翠氏の講演でした。
 
 お聞きして考えたのは、子供たちが困ってしまった現実があるのになぜ大人はそれを対処できないかということです。過去大人たちもそういう子供であったはずであるのにです。
 講師の宍倉氏は、その現場で「子供のために」という一点に焦点を当てて活動してこられただなと思いました。

 ローズマリーは医療現場で働き、また助産師という職業であった過去もあるので、性について他の人よりもオープンに話す環境で人生を送ってきました。親戚の子供たちには男女を問わず話し、避妊具の現物も見せてきました。
 性とは人生と切り離すことができないことでまじめに取り組むことが重要であるといつも思ってきました。
 
 ローズマリーが中学生の頃には「金八先生」というテレビ番組があり、ちょうど中学三年生が妊娠出産をするという当時衝撃的な話題を提供していた時代でした。
 その後進学してであった同級生達の学校の中には、直性生徒に向けてコンドームを配り使い方を説明する学校がたくさんあったことも知っています。

 ところが、今回の講演で、平成になってからもそういう人生の性教育に対して、新聞社をはじめとするマスメディアや政治家(実際の生を上げられました)やの反対で、性教育を進めてきた学校関係者が処分されたり、バッシングを受けてきたということを聞き大変驚きました。、またローズマリーがそういうバッシングに対する情報収集を怠ってきたという事実にも直面しました。

 先日もまじめに性について述べていたテレビタレントがバッシングを受けたことについて、WEB上で大変話題になっていました。
 性を隠しているのに、風俗産業は隆盛を極め、低年齢層の子供たちがその搾取に逢うことが日常になっています。これは今後絶対に改めなければならない事実であると思います。

 ローズマリーが学んでいるフラ、ハワイの伝統的な舞踊ですが、元は神様に奉納するような神聖なものです。そこには神様や王族の性がふんだんに盛り込まれているものがたくさんあります。ハワイの伝統的な価値観では、性は大変素晴らしいことで寛容に公に語られます。
 世界でもこれだけフラが知られている日本であってもその部分は公に語られません。それは現在の日本が性を隠すような風潮が残っているからだと思います。
 日本でも神々の頃の神話には性を貴ぶ大事なこととして残っています。

 自堕落にというのではなく、自分自身と周囲の人を大切にするために人生と性は切り離すことができないことであるのです。自らを知らねば自分を律することはできません。そのためにも自分たちの成り立ちである性をきちんと学ぶ必要があるのです。

 学校現場で、社会で、今後正しくまじめに性に向かい合うことが重要で大切であると思います。

 痴漢や性犯罪者が横行するのは他人に対する自分の欲望を押さえられず、また人を尊重することができないという自己中心的な行動の結果だと思います。そういう部分も含めた性教育が小さいころから必要です。 
 人生の生き方の問題であることを、学んでほしいと思います。

 今回お聞きした、性教育に関するバッシングをした新聞社名、政治家名を胸に刻み、今後の発言や行動をよく観察しておかねばと思いました。
 
  
スポンサーサイト
亀田山喫茶室
2017年05月22日 (月) | 編集 |
 松江城山の興雲閣にある喫茶室です。
 興雲閣というのは、明治以後の皇室の方の行幸のさいにおとまりになる場所でした。それぞれ当時の県庁所在地に似たような洋風建築があると思います。
 子供の頃は、資料館で小学校から見学に行った覚えがあります。

 老朽化が進み、いろいろと保存のための施策がなされ、現在はいろいろな催しなども行われているようです。

 入ってすぐ左側のドアの中が喫茶室でした。
 軽食と、珈琲や紅茶、おやつなどがいただけるようになっていて、散策途中の休憩にちょうど良いと思いました。

 子供さん連れのお母さん、お友達同士といった方たちがちょうどいらっしゃいました。

 ローズマリーはお友達と入りました。暑い日だったので二人とも冷たいものが食べたくて、ヨーグルトパフェをいただきました。おいしかったです。
 雰囲気も良いので、また出かけるといいなと思っています。
 
 昔は茶店やお土産屋さんが何軒もあった場所は、国の文化財指定の準備のために取り壊され、歴史的に正しい建物に変わりました。往時を知っているものとしてはさびしい気もしますが、史跡としての指定を受けるためには仕方のないことですね。

 小さな動物園のように、猿や雉などが飼われていた動物舎があったりもしていました。幼稚園や保育所などの散歩コースでもあり、何回も絵画コンクールの会場にもなっていましたが、今はどうなんでしょうね。
 今後はどんなふうになっていくのだろうかなあと思います。
お茶会
2017年05月10日 (水) | 編集 |
 松江市では秋の大茶会というのがあります。いくつもの流派が一同に会して、松江城で天幕を張って大寄せの茶会が開かれます。最近は五月の大型連休に春の茶会というものもあるようになりました。
 秋の茶会には何回もお邪魔しておりますが、春は行ったことがありません。今年は、懐石の有名な先生がおいでになって講演会もあったようです。興味はあったのですが、予約の人数が少なかったことと、連休中はいろいろと忙しいので今回はやめておきました。

 ぜひ地元の先生方にお勉強していただいて、懐石のいろいろを教える会などつくっていただきたいと思います。茶道の茶事では、お茶を美味しくいただくためのお食事やおもてなしが様々に工夫されるそうです。できれば手軽に庶民の家で応用できるような場面を想定した会ができたらありがたいなと思います。
 もちろん趣向を凝らした素晴らしい会もいいのですが、何も知らない庶民には敷居が高いのです。

 ローズマリーは既存の流派で茶道をきちんと習ったことはありません。ただ、松江市周辺では家で抹茶を飲むのは通常のことなので、最低限の道具や材料はあるのです。元からの地元民の友達の家なら台所の食卓でお抹茶をいただくこともよくあることです。

 いつも秋の茶会にご一緒する友達にも相談して春の茶会にもいつかは行ってみようと思います。
イングリッシュガーデンと古江公民館
2017年05月09日 (火) | 編集 |
 イングリッシュガーデンの駐車場に赤い屋根の建物ができていてなんだろうと思っていました。駐車場に入ってわかりました。なんと駐車場の中に古江公民館ができていました。
 今まで古江公民館は、少し離れた丘の上にありました。鉄筋二階建てだったと思います。今回は平屋になっています。屋根の上には小さな太陽光発電らしきものが乗っています。(どうせならもっと大きくして蓄電池も備えれば、夏場も冬場も冷暖房も照明も賄えるだろうし、災害時にも有効だろうのにと思ってしまいました)
 
 イングリッシュガーデンの駐車場は広くてよかったのですが、五月の大型連休には満杯でした。まあ仕方ありませんね。平時は余裕たっぷりなのですから、公民館の駐車場と兼ねるのは効率的かもしれません。

 しかし駐車場共有はともかく、駐車場内に作ってしまったというのが驚きでした。
連休中の周囲の様子 風景
2017年05月05日 (金) | 編集 |
 ローズマリーの家の周囲の生け垣で目立つのは、アカメです。この時期、赤い新芽が出て古い葉を落とします。実は苦手です。熱いのが苦手なのであの赤い葉が暑苦しく感じるのです。
 クレマチス、つつじ、クリスマスローズ、ナニワノイバラ、シバサクラ、コデマリ、雪柳、モッコウバラなど様々に花盛りです。それぞれのお宅の個性が出る花選びですよね。

 そして、田畑の様子はと言いますと、あちこち苗ものが植わっています。きっと今まではハウスなどで種まきから苗作りに育てられていたのでしょうね。すぐ近くの畑では、風よけをつけられているのですが、斐川の平野あたりだと、畑が大きくて苗が多すぎるからなのか、風よけはつけてありませんでした。
 斐川のあたりでは、麦畑が金色でした。もう少しで麦秋なのでしょう。
 そして水田は、ちょっと今年は作業が遅いように思います。田植の終わったところもあれば、田起こしがまだのところもあります。田起こしのまだのところは転作予定地かもしれませんね。
 田んぼ一辺倒の風景は変わりつつあります。そばや、大豆の種まきがされる畑も目立ちます。

 虫が出てきて、鳥もにぎやかになってきました。きっと巣作りしているのでしょう。空の鳥たちも縄張り争いが見られます。弱肉強食だなあと思って眺めています。