容量無制限?
2015年02月28日 (土) | 編集 |
 SIMカードの容量無制限っていうのが出たらしいです。
 使ってみたという記事がこちら

 この話題を知ったのは、新しい創傷治療の更新履歴、管理者の夏井医師はこういうことも話題にする方です。

 去年出稼ぎ先で、データ通信料の容量に閉口したローズマリーですから、すぐ反応いたしました。今後もよく読んで検討したいと思います。今使っているスマホの会社との契約が8月までです。そこでいろいろな割引がなくなるので値段が上がります。そこのところも検討材料ですよね。

 でもiphoneは変えないつもりです。
スポンサーサイト
薪事情 残りが
2015年02月28日 (土) | 編集 |
 二月が終わりますね。
 暖かくなるかと思ったら、また寒くなってきて、薪の残りがちょっと不安です。今この季節用が残りふた枠になりました。
 次の季節用はほぼ確保済みです。

 まったく家に薪がないわけではないので、繰り回せばありますが、その分次の季節が寂しくなります。できるだけ節約して次の季節に回したいのが本音です。

 薪置き場と薪集めや薪割体力さえ充実していればいくらでもいただくのですが、場所と体力を考えつついただくのでお断りも増えてしまいます。残念ですね。

 ローズマリーが薪ストーブ屋さんでこの季節薪割りしているのは、2016年の秋から使う分です。
生活の質を上げる手術
2015年02月28日 (土) | 編集 |
 ローズマリーがその病気ですぐに生命の危険はないけど、したほうがいいと思う手術があります。
 去年ローズマリーが経験した下肢静脈瘤の手術と、自分が経験はしてないけれどほかの方の経験談を読んだ粉瘤を取り除く手術です。
 
 静脈瘤は、毎日いろいろな症状があるのですがほっておくと循環障害で難治性の潰瘍ができたりします。
 粉瘤は、炎症を起こさない状態でも何かがそこにあるのが自覚でき、人によっては特有のにおいが気になるそうです。そして炎症を繰り返すとそのたびに医者がよいです。炎症を起こしたときはかなりひどい痛みがあります。普通の医者に炎症のある時に行くと切開をして中身を押し出し、そして通院です。その処置はとても痛いそうです。以前知人の様子を見ましたが、本人はとても苦しそうでした。知人は背中にあり、炎症を起こしている間は服を着るのも大変でした。それなのに通院している医者では根治はなく、繰り返すと教えられていました。家族性の遺伝があるそうです。多発性の場合もあるそうです。

 どちらも生命に緊急性のある症状ではないのですが、見た目に気持ち悪いとか他覚的な匂いがあるとかで他人から中傷されるなど社会的な不都合を生じる場合があります。
 
 これが数日の通院・手術でなくなるというのは日々の生活がとても楽になることです。
 どちらも家族性の遺伝的体質がありご家族全員がそうだと気にしておられないこともあるので、もしその苦痛がなくなったらどんなに楽になるのかということが理解できず放置しておられることがあります。何世代も。
 また、医療者にとっても緊急性がないのでどんなに患者が苦痛を感じていても、治療に消極的だったりします。そのために、治療の先進性が失われていたと思います。

 これらの手術に痛みが少なく跡がきれいになるという、患者の精神性まで理解した治療が行われるようになったのです。保険がきく部分も聞かない部分もありますが、多くの人が救われます。
 こういう手術こそ、どうぞネット検索して納得のいくよい治療が行われる病院を探しましょう。何せ緊急性はないのです。よく考え、その病院がたとえ遠方でも夏休みなど利用して旅行気分に行くこともできます。 

 そして、改善された体がどんなに楽でありがたいものかを味わってほしいと思います。今まで色々と工夫していたことを一切しなくてもよい生活がどんなに楽で、他の人がどんな生活をしていたかわかります。そして他にも、もしかしたらいろいろと工夫をして体のことを気遣って生活している人がいるかなと、想像してください。楽になった体でほかの方の援助をぜひしてほしいと思います。

 どうか自分の体の不調を不調と認めて、体の声に耳を傾けて大事にしてあげてください。
 医療者の中には、そんな体の声と患者さんの訴えに耳を傾けてくれる本当の医療者がいます。
 おいしいラーメン屋を町中歩いて探すように、自分の体を大事にしてくれる医師をどうぞ探してください。

ローズマリーが受けた静脈瘤の手術をしてくれた医院はこちら
ここの大阪院で受けました。

そして粉瘤の治療をしているのはこちら

松江市内でも粉瘤の治療をしている医師がおられます。
新しい創傷治療粉瘤の治療をしている医師のリンクから探せます。
飲み物あります。
2015年02月27日 (金) | 編集 |
 お友達の家に行ったら、「何にしましょうか」と言って手渡されたのは、飲み物の手書きの表です。
 ほうじ茶、煎茶、珈琲、紅茶などずらーと書かれていました。
 結局手作りと注意書きの柚子茶をいただきました。おいしかったです。

 お茶をお出しするとき、ローズマリーも「何がいいですか」とよくお客様に聞きますが、何があるか言わないとお客様も困りますよね。この表素敵な考えだと思いました。
 さっそく作りましょう!!
室内薪置き
2015年02月26日 (木) | 編集 |

 ローズマリーは室内装飾などを気にするほうではないので、いいかげんです。ホームセンターで売っている採集箱という黄色のプラスティックの箱に薪の小さいものや焚き付けは保存してそのまま室内に持ち込みます。
 が、水切りのために底に穴が開いているので木くずなどが落ちて散乱します。いくらローズマリーでもあんまりありがたい字状況ではないので、数年前?くらいにファイヤーサイドででたログキャリー(向かって右側)を購入して便利にしております。
 もう一つ買おうかなあと思いそれまでの一時しのぎに何かないかしらと物置を探していたら、ずっと以前にクリーニングに出す時の袋にと100円ショップで買った不織布の大きなバッグがありました。これを、洗濯かごの外にかぶせたら、しっかり自立するし、洗濯かごそのままよりはみためもましになりました。
 なんだかこれでいいような気がしてきました。

 今後は採集箱が入るような大きい袋を好きな布で自作しようかなと思っています。強度は中の採集箱で十分ですから、好きな布が使えますね。布ならシーズンオフはたたんでしまっておけばよいし、洗濯も簡単。いいこと思いついた気がします。
ゆる体操を再開
2015年02月26日 (木) | 編集 |
 ちょっと気が緩んで忘れかけていたゆる体操を再開しました。するとてきめんに変化するのが月経です。
 女性の場合生活に占める性周期の変化は大変大きいです。もちろん個人差があるもので、あまり変化を感じない方もいらっしゃいます。が、これだけは決定的に男性と違うところなので仕方ありません。

 糖質制限を始めてから、顕著に変化が出るように思います。
 不定愁訴というような憂鬱ないろいろな症状が軽減し、月経血の期間がきちんと終わります。だらだらと出血が長引足りしなくなります。
 ゆる体操は、名前がゆるとついているくらいですから、きちんとすることは必要ではなく、まあだらだらとしていたりするのですが、それでも効果はきちんと出るところが面白いです。
 糖質制限をしてから氣がついたことは、体の中の仕組みが整うと反応も早いということです。糖質制限が体の根源にかかわっていることがこんなことからもわかります。

 いろいろないいことを取組んでいても、効果があまり出ないという方は糖質制限を始めて体の中から変えて行かれると、反応がよく出てくるようになると思います。たぶん体の働きが正常になって、いろいろな刺激にきちんと反応できるのだと思います。

 さて、テレビ見ながらゆる体操をしておきましょう。
すじの痛み
2015年02月25日 (水) | 編集 |
 薪割会の後、はっきりとした筋肉痛はありませんでした。
 が、両手首をいためたようです。これは毎回のことなので大体想像しておりました。腰の痛みは今回はありません。毎日の腰痛体操が効果的であるようです。
 両手首なかなか痛みが取れません。ひねると痛いので、運転時ちょっと困ります。貼りものや、サポーターなどしております。この筋を鍛える方法は、やはり普段からもっと重いものを持ったりひねったりという運動が必要なのでしょうか。
 痛みが取れたら、運動時の手首の重りを少しずつ増やしてみましょうか。

 とりあえず痛い間は保温です。
朝の不調はなくなりました
2015年02月24日 (火) | 編集 |
 朝起きてしばらくするとむかむかするなあと思っていました。朝の食事は生クリーム入り紅茶であったのでノンカフェインの紅茶に変えてみました。しかし変わらず、ノンカフェインはフレバリーティーだったので、気分的に香りが向かない日もあり、結局朝は普通の紅茶に。
 ところが、たまたま生クリームがない日、むかむかがなかったので、もしかして脂肪がきつかったのかと思いつきました。おいしいんですが……。残念。生クリーム入りは午後以降になりました。それでまったくむかつきなくなりました。
 最初は新しい職場のストレスかなあとも思っておりました。さて、そっちはどうだろう。

 で、朝は大体に何も食べず、ストレートの紅茶のみでお出かけです。昼食は職場でアーモンド24g(糖質2g程度)とクルミを掌半分くらいと職場でいただける番茶一杯。

 夜の食事は気分しだいで食べたり食べなかったりです。それでも二日に一回くらいは一度に肉や魚を300gくらいは食べています。
 あとはつまみがあります。これが主体なのかも。糖質制限の豚皮揚げやおやつに作ったゼリー寄せ紅茶やサイリウムもち、たこ焼き、ケーキ、クッキー。いやはや。
 ということは結局卵がたくさん消費しております。豆腐や豆乳、油揚げや寒天もつかいますね。
 最近はやりは、寒天フレンチトースト。
 
可愛そうというのは
2015年02月24日 (火) | 編集 |
 知人が、先日訪問してくれたひ孫とその親たちを見て「かわいそうだと思うの」と話しました。ひ孫が食べ物アレルギーがあって、親がいろいろ工夫していることが「かわいそう」だというのです。

 ああ、これは日本でよく言われる考えだなあとローズマリーは思いました。子育ても「大変だねえ」といわれます。
 これが地球上のよその国では、「子供がいて楽しいねえ」「素敵ねえ」というような共感の態度になるそうです。

 日本では他人の苦労を共感するというのがいいことと思われがちですし、苦労していることをわかってほしいと思いがちです。ローズマリーもそうです。オトドシローズマリーが落ち込んだのもそのためです。
 自分が頑張っていることをわかってもらえないというような被害妄想的な発想です。

 でも諸外国では、そう考えないのです。日本人にとっていろいろな苦労と思われることは、苦労という価値観ではなく与えられた幸せだと思うようです。
 
 つまりアレルギーの子供を持った親は、アレルギーを詳しく知って予防等と実践する幸せを与えられた親ということです。アレルギーによって今までの自分の生活とは違う生活を送る新しい価値観へ導かれているわけです。
 
 可愛そうね、大変ねという言葉は一見相手を思いやっているようですが、相手を疲れさせてしまうことにもなるような気がいたします。
 もちろん現状を理解することも大変重要ですが、感情を管理する上においては、かわいそうという言葉はあまりうれしくありません。
 昨今流行の言葉で表現すれば上から目線で見られているように思われます。

 アレルギーのお子さんをお持ちの親御さんにはどうぞかわいそうではなくて「いろいろ工夫していてすごいね」とか「お料理上手ねえ」とか違う言葉はないかなと考えてみてくださいと知人にお話ししました。

 おせっかいだなあと我ながら思いますが、ローズマリーも以前からよくかわいそうといわれます。いろいろな場面で。でも自分ではちっともかわいそうと思っていないので、反感を持ちます。もしその方のお孫さんたちもそうだったら嫌だなあと思うので、こういう人間もいますよとお話ししたのでした。
中海一周しながら勉強会の旅。
2015年02月23日 (月) | 編集 |
 朝、中海北岸から江島のべた踏み坂と呼ばれる橋を渡って弓ヶ浜半島を南下し米子市へ向かいました。
 太陽光発電、電力自由化、蓄電池の勉強会にナイスさんいんさんからご招待いただいたのでお出かけです。講師は太陽光発電の時にお世話になったK講師です。
 今回も楽しくわかりやすいお話しでとっても魅力的でした。

 そして安来市へ。
 安来市の知人宅で、湿潤治療、糖質制限をしている同好の士と意見交換をし、お土産をいただきました。
 今度は中海南岸を通って松江市へと帰りました。

 この道は、行きは大山を目指し、帰りは大山を背にして運転します。今日はお天気がよく、中海を挟んで、米子市南部から大山中腹まで、弓ヶ浜半島の松林と美保湾がとてもよく見えました。
 中海沿岸には雪がありませんから黒々と、地形がはっきりとみえました。また大山の上に向かって白が際立つ雪景色と雲がかかり、それは美しい景色でした。

 この風景は本当に素晴らしいです。

 省エネルギーや無駄のない健康のためのいろいろな手段を勉強するとき、この風景を目にすると、この姿を護るためにも、生活を見直さねばならないと考えます。
 ただ、人間そのものが地球にとっていいものかなあと考えると、人間が戦争を起こして人数を減らしたり、流行病にかかってたくさんの死亡者が出るのは自然の摂理で人間の数を調節するのかもしれないという気持ちもあります。
 ローズマリーは人類だけが地球に増えればいいと思っているわけではないので、人口抑制のためにいろいろなことが起こるのかもしれないと思ったりします。

 それでも今生きている間にできることはしなければなりません。
 
 よく再生可能エネルギーによる恩恵は金持ちばかりだという人がマスコミで発言しています。しかし、そういう金持ちに自己負担してでも再生エネルギーを作ってもらうことで、できない貧乏人(ローズマリー含む)にも必ず、よいエネルギーが回っているのです。お金持ちの方々にどんどん、再生エネルギーを作ってほしいと思います。
 再生可能エネルギーに批判的な人は近くしか見ていないように思われます。大きな方向で見て行かないと将来への投資はできないとローズマリーは思います。

 安くなって大衆的になるまでに、再生エネルギーの研究はもっと進むでしょう。その実験のための費用をお金持ちにはしっかり出して実験台になってくださったらよいのだと思います。

 パソコンだって最初はとても高価で難しいものでしたが、今ではずっと安く簡単になりました。携帯電話の普及はローズマリーの子供のころにはSFの世界でした。自分がこんな生活をするようになるとは思いもしませんでした。

 エネルギー問題が早く解決することを祈っています。それがたとえ人類の減少につながることであっても。