最近量販店での下着で体が楽な(一見ですよ)タイプが大変大きく宣伝されています。人気女優さんの素晴らしいスタイルで着こなしておられるからとても外観がいいのですが、そうでない人が着たらやはり、「そうでない」状態でしかありません。
 
 ブ〇トップやバンドゥ型ブラやヌー〇ラをいつもしていると、形が崩れます。形が崩れるとなぜ悪いかというと、体調に影響があるからです。正しい位置にない体型になると、体の重心が崩れますし、動きに支障が出ます。姿勢が悪くなり、肩こり、頭痛、腕やひざ腰にも痛みが出てきたりします。

 案外バカにならないものです。健康で長生きするためにも、使える道具として下着を正しく着用することは重要だと思います。

 おしゃれのために上記のような服を着用しても、それがいつもにならないようにすることで体調管理ができます。背筋を伸ばし、きちんとした姿勢を保つことができるように服装を下着から整えてみませんか。
 早い人は着用してすぐ、そうでない方はしばらく期間がかかるかもしれませんが、整った体と下着の快適な着心地にびっくりすると思います。

 ローズマリーは、受験の時や遠出の時など気が張る行事があるときには新しい下着で武装します。少しでも快適にして外観も心も元気になれるようにと祈っているからです。

 
スポンサーサイト
家めしの王道 家庭料理はシンプルがおいしい
家庭で作れる茶懐石
「マエストロ、それはムリですよ……」~飯森範親と山形交響楽団の挑戦~
これだけは覚えておきたいライトノベルのための日本語表現
{少なめオイルとスパイスで作る}みんなが好きなインド料理+南インド料理
ベニシアの庭づくり ハーブと暮らす12か月
写真集 昭和の農村
雪月花を愛でる茶事の贅沢12カ月 下巻
雪月花を愛でる茶事の贅沢12カ月 中巻
ようこそ!イタリアの家へ 暮らしも料理も、恋する気分で

県立図書館は29日から館内整理のため休館になりました。ゆっくり一か月読めます。
 先日の愛着障害や、愛情飢餓、発達障害みたいな周囲との軋轢についてまた考えました。
 こどもの遺伝的な素質によって育て方でいろいろな状況が出てくるというのは分かります。遺伝的素質というのは個性や性格なども含んで考えます。

 簡単で乱暴なたとえだと、離婚した片親でぐれる子供もいれば、親を思いやって立派な大人になる子供もいます。

 やはりたくさんの子供の中には丁寧に接してやらないとわからない子供と、周囲の気持ちを汲み取り(空気を読んで)よくわかる子供がいるってことだと思います。
 読んだ本の中で、接する時間の問題がありました。また接する人の人数の問題もありました。
 わかりにくい子供には、少ない人数が長い時間かかわるとわかりやすくなるようです。多人数で短時間のかかわりというのは、よくわかる子供には苦痛でないかもしれませんが、脳神経学的な異常やわかりにくい子供については、愛情を感じる絆を確立していくことが困難だったり苦痛になってしまうということのようです。

 それが事実だとしたら、近年すすめられている病児保育というのは、ローズマリーに言わせると、虐待みたいだなと思います。体調が悪くて、信頼できる人と一緒にいて回復したいのに、いつもの人でない人に看護され、いつもの場所ではないところに入れられるというわけですから。その子がわかりにくい子であれば愛情を感じ絆を確立する時期としては最悪の状況ではないでしょうか。自分が弱っているときに、ひどいことをされるわけですから。
 
 ローズマリーはそういうところが妙に繊細なので子供の立場に立つと安心できないと考えます。大人であれば、病の世話をしてくれる場所は専門職で理論的に考えれば、安心して休養できると思う価値観も育っているかもしれません。でも子供です。不安や寂しさを感じれば、それがストレスになって免疫力は落ちてしまうのではないでしょうか。病を直すという目的から離れてしまいそうです。

 親が子供から離れる時間を増やす政策が多いような気がするローズマリーです。男女ともに家庭にいられる時間を長くするような政策の方がいいように思います。仕事をみんなで分けあうシェアリングの考え方、休暇を増やして子供や家族の時間が増えるような仕事のやり方を考えていく方がよいのではないかと思います。休暇増えれば経済的な問題も出てきますから、大量消費で何でも消費ということでない、ものを大事にしてつかう「もったいない」の復活が望まれます。
 ヨーロッパ風な長期休暇の導入は、日本人の価値観からは難しいけれど目標とすべきだと思います。
 今年の受験が終了しました。
 今回は、去年に比較して、運動も勉強も思い通りにできず、気持ちも下がり気味でした。受験当日も本当に受験するんだろうかと思うくらい、緊張しませんでした。
 試験は案の定手応えなしというか、不合格に手ごたえありという感じでした。
 しかし、一緒に受験した皆さんと、職業について話すこともでき、今年受からなくても勉強など情報交換することをお約束しました。来年頑張ろうという気持ちがわいてきました。
 メールアドレスを交換したので、これから設定してお礼のメールを打とうと思います。

 受験勉強も今からきちんと計画たてようと思います。去年はできたんですから、やらなくては。
 受験に面接もあるので、美容院へ行きました。半年前に切ってくれた美容師さんは、ローズマリーがこの半年バリカンを使っているのを聞いてちょっとビビった様子でしたが、今度は思い切って短くしてくれました。
 後ろがすでにバリカンで刈り上げてあるので、段差をつけないように美容師さんはかなり苦労されたご様子でした。申し訳ない
ことです。
 最初は鍋をかぶったような頭だったのを、たくさん梳いてもらって量を減らしてすっきりしました。床に散らばった髪の毛を見たらずいぶんな量でした。まだまだ髪の毛の量が多いことを実感しました。ほぼ一時間できれいにすっきりです。
 実父を知っている近所の方には「髪の毛が短くなったらお父さんにそっくりね」といわれて苦笑しております。ローズマリーも父方の親戚にそっくりと思っているところです。

 こんな感じで半年に一回くらい整えてもらって、あとは自分で散髪できるとわかったので、今後も短い髪の毛は続く予定です。何せ髪の毛が伸びるのは早いです。
 短いほうが今のローズマリーの生活にはあっています。
 ローズマリーがコラーゲンシェルに入る魅力の一つは体が温まることです。
 夏場はびちゃびちゃになるほど汗が落ちます。なぜか、それが体全体で平均的ではなくて、出やすいところがあります。一番多いのは背中から腰あたりです。次がふくらはぎから足にかけて。
 最初はコラーゲンシェルに触れている部分だけかと思ったら、常時コラーゲンシェルに触れている頭の髪の毛など別に濡れたりしません。手先も同様です。
 あんまり多いので夏場はふき取りようのタオルを持って行って、機械の上にたまった汗は拭きとっておきます。体も拭きます。しかしこの汗はべたべたしません。さらっとしています。

 既に一年通ってみて、肘とひざの着色やガサガサ感がほとんどないくらいまでに減りました。このことを聞いてみたら、やはりほかの方もそういうことを実感しておられるようです。
 垂れていたバストやヒップが持ち上がるという嘘のようなことも実感しています。ビフォーアフターの写真がないのが本当に残念ですが、最初からそういうところの写真を撮るもの何やら怪しげなのかもしれません。自分で体験して自分で考えるというのが一番良いのかもしれません。

 そして行って楽しい場所であるということが重要だと思います。気分がよくなるかどうか、自分の感覚を信じてみてくださいませ。
20150621-2.jpg

 もうすぐ受験なので携行品の準備を。
 歯科検診があるので歯ブラシセット、Tシャツと短パン(去年受験頑張れとご近所みーさんからの贈り物)、文房具、眼鏡ケース。後はハンドバッグの中身をこちらに入れればOKかな。
 受験票と書類はオレンジ色の中に。

 替えストッキング、ティッシュ・ハンカチ、救急用品、貴重品くらいでしょうか。
20150621.jpg

 受験後の遊びの準備は万端。
 ドイツから購入した靴下用毛糸ソックヤーン、けいとやさんから。けいとやさんからはおまけのドイツのハーブティーやらグミやらいただいて感激。おまけって嬉しいですよね。
 輪針の使い方、靴下の編み方、手袋の編み方などの本は楽天ブックスから
輪針でニ...

輪針でニ...
著者:林ことみ
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


手編みのて...

手編みのて...
著者:嶋田俊之
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


手編みのソ...

手編みのソ...
著者:嶋田俊之
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



でも本当は受験後も忙しいはずです。
仕事も普通にあるし、健康音楽体操の発表会もあるし、自衛隊のモニターのお出かけもありますから。
ただ編み物は持ち歩けるから、ちょっとした時間にできますよね。そしてお供はiphoneに入れた好きな音楽!!

 こんなところでドイツから輸入することになるなんて、感慨深い。というのもローズマリーの永遠の憧れ、クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐(すでに万年少佐)はドイツ人(漫画の登場人物)です。
 少佐は編み物しないでしょうなあ、するとしたら、ゲージや編み方にうるさそう……。ローズマリーはそのあたり融通ききます。

 地域で道路や公園等の一斉掃除をする松江市の行事です。補助金などの関係もあり、実施する自治会が多いです。
 そのクリーン松江に出ると、日ごろお話をしない近所の人にお会いできる良い機会でもあります。

 以前、我が家で空気入れがなくなったことがあり、あれは盗難だなあと目星をつけていたことがあります。たまたまその話をしたら、すぐ隣のお宅でもなくなりその隣でもなくなったそうです。それを聞いて盗難で間違いなさそうだと思います。
 どこの家も外から見える場所の鍵のかからない倉庫や棚に入れていたということでした。

 こういうことって近所でお話しすること重要ですね。防犯上も必要だと思います。今後は物がない、見えないということがあれば、ご近所に借りに行ったり、お話ししたりしておかなくっちゃと思います。
 井戸端会議のようなお話が近所づきあいを高めたり、不審者が入りにくい住宅街を作るのだろうなあと思いました。行事が増えたと文句を言ってばかりのローズマリーですが、行事でないこういうつながりができるように努力もしないといけないなと思いました。 
 糖質制限を始めた時、すぐ効果がほしかったので、スーパー糖質制限で始めました。それが結局ローズマリーの性格や生活習慣にはあっていたようです。
 自分でわかるより先に周囲の人があごの線が細くなったと氣がついてくれました。体重変化は数か月過ぎたくらいからだったと思いますが、体型は一か月後に氣がつきました。顎の線が細くなったといわれた時にはウエストが数センチ細くなっていました。

 大体半年で体重は落ち着き、運動をしたくなり運動を始めました。
 今二年半というところでしょうか、食事が一日一食でも大丈夫とわかり、また体重が減り始めました。

 参考にしているサイトは、糖質制限に気が付かせてもらった夏井睦氏の新しい創傷治療、糖質制限第一人者の江部康二氏のドクター江部の糖尿病連徒然日記、糖尿病ドットコムあらてつ氏のあらてつの糖質制限な日々、近隣のたがしゅう氏のたがしゅうブログです。

 この方たちのサイトには糖質制限をしている人たちからの質問や体験談がたくさん掲載されているので参考になります。
 ローズマリーは、これらのサイトで自分の体の変化のいろいろな疑問を解決してきました。
 
 さて、本題。
 寄せられる質問の中で女性で上半身が痩せてしまうという方もあるようです。
 確かにローズマリーも減るのは肩の後ろや背中から腰、ウエスト、下腹部が一番変化が大きいです。しかしよく言われるような胸が減るというような感覚はありません。むしろ全体が痩せた分だけ、アンダーバストが減り、カップサイズが上がりました。

 日本女性の胸は、欧米の女性の胸に比較して乳腺的な発達度よりも脂肪的な発達度が見た目の大きさにかかわっているという話を聞いたことがあります(民族的な体型の特徴でしょうか)。
 それは授乳しているお母さん方を拝見すると納得です。
 助産師だったローズマリーは、妊娠前豊かな胸の方は授乳時の乳汁分泌が、妊娠前豊かでない胸の方と比べて多いとは言えないということを体験することが多かったのです。むしろ妊娠前は豊かでない方の方が乳汁分泌は多かったと実感しておりました。もちろん、他の原因もあったとは思いますが、胸の豊かさだけを見た場合のことです。

 脂肪が多い見た目の大きさの方の場合は、蓄えた脂肪を使っていく糖質制限的には減るのではないかと思われます。しかし、他の部分も必ず減ります。全体的な体型はきちんとした糖質制限なら必ず良くなると思われます。
 変だなというときには自分でやっている糖質制限がどこか間違っているのではと考えることが必要だと思います。
 食べたものを書き出して、きちんとそれぞれの食品の糖質について調べることが重要でしょう。自分が考えて取り組む糖質制限です。問題点は課題でもあるのです。
 ぜひ自分で自分を見直す方法を身に着けてくださいませ。
プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: