個別記事の管理2017-02-15 (Wed)
 ひさしぶりのたべものを最近二つ作って食べました。
 一つは、数年前に試作して好評だったのにそれ以後作ることができなかった柚餅子です。いただいた小ぶりのゆずの皮を傷つけずに柚子釜にしてクルミやゴマなどを入れ甘く味付けした味噌を入れ蒸しあげてその後半紙に包んで風通し良いところで干すのです。去年の暮れに作って薪棚物置の天井近くでつるしておりました。
 二か月経ったので、おろして冷蔵庫にしまいました。それを薄く切ってお茶うけにします。これが案外おいしいものです。柚子の香りとクルミやゴマの食感、甘い味噌の味がうまく熟成するのです。
 
 二つ目は糖質制限で作っていたおからパン。生おからが三分の一、グルテンが三分の一、ふすまや木の実や大豆の粉を合わせて三分の一でイーストで膨らませたパンです。ふわふわで弾力もあってパンに近い雰囲気です。おからのおかげで値段も安くできますし。
 
 二つとももう何年も食べていないものでした。そして自分で作らないと食べられないものです。どちらも久しぶりで最初はそんなにおいしいと思っていなかったのに、今回食べたらこんなにおいしいものだったかなあと思いました。
 柚餅子は自分よりも大体周囲の糖質制限をしていない人に受けるので、手土産にも使えます。
 久しぶりに思い出していろいろすると、いいことがあるなと思いました。
 四月には仕事も少し減らすので、もう少し家のことができるといいなと思います。
スポンサーサイト
* Category : 料理・食事
* Comment : (0) * Trackback : (-) |