高知旅行での糖質制限
2017年03月30日 (木) | 編集 |
 高知旅行で、糖質制限をするのはとっても簡単でした。もちろん、ナッツや糖質制限ゼロ飴、あたりめは持参していて、一泊ですし食べるものが無かったら食べなくてもいいやくらいの気持ちでいました。
 糖質制限をしてから空腹感を感じませんし、食べないことによるエネルギー切れを感じることもありませんからね。
 
 高知についたのは夕方でした。ひろめいちばというフードコートのような場所に行ってみると人がいっぱいです。座るところはすでにありませんでした。買い物をしてホテルで食べることにしました。
 高地で有名なのは海産物で、カツヲのたたきがとくに有名なようです。たたきの一切れがとても厚くてびっくりです。それを一人ひとパックずつ買ったらすでに重量感満載です。そしてカツヲの調味付商品がありました。一切れずつパックになっていて味が違いますが、表示を見ると糖質は100gあたりおおくても1.4gです。一切れは商品によって違いますが50gから100g位です。朝ご飯用に買いました。クジラのハムもありこちらも購入しました。
 ホテルで食べだしたら、たたきでおなか一杯になりました。十分満足です。これで980円。旅行先の夕食としては安いですよね。
 そして朝ごはんは、ホテルのお茶とカツヲパック一切れ、こちらも十分満足しました。これもひとパック当たり200円まででありました。う~ん糖質制限的にはうれしい地方だなあと思いました。おいしいもの。
 ホテルの朝食1500円をいただくこともできましたが、高知特産食事かつおだけで十分でした。

 島根県だと、何ができるかしらと考えました。かまぼこや野焼きはありますが、練り物で糖質が多いですねえ。ちょっと観光客としてきた場合ならと考えて街を歩いてみなくっちゃと思いました。こんど計画しようと思います。
 地元民として、観光客に何がアピールできるかなと今ある周囲を見渡してみたいなと思います。
スポンサーサイト