連休中の周囲の様子 風景
2017年05月05日 (金) | 編集 |
 ローズマリーの家の周囲の生け垣で目立つのは、アカメです。この時期、赤い新芽が出て古い葉を落とします。実は苦手です。熱いのが苦手なのであの赤い葉が暑苦しく感じるのです。
 クレマチス、つつじ、クリスマスローズ、ナニワノイバラ、シバサクラ、コデマリ、雪柳、モッコウバラなど様々に花盛りです。それぞれのお宅の個性が出る花選びですよね。

 そして、田畑の様子はと言いますと、あちこち苗ものが植わっています。きっと今まではハウスなどで種まきから苗作りに育てられていたのでしょうね。すぐ近くの畑では、風よけをつけられているのですが、斐川の平野あたりだと、畑が大きくて苗が多すぎるからなのか、風よけはつけてありませんでした。
 斐川のあたりでは、麦畑が金色でした。もう少しで麦秋なのでしょう。
 そして水田は、ちょっと今年は作業が遅いように思います。田植の終わったところもあれば、田起こしがまだのところもあります。田起こしのまだのところは転作予定地かもしれませんね。
 田んぼ一辺倒の風景は変わりつつあります。そばや、大豆の種まきがされる畑も目立ちます。

 虫が出てきて、鳥もにぎやかになってきました。きっと巣作りしているのでしょう。空の鳥たちも縄張り争いが見られます。弱肉強食だなあと思って眺めています。
 
スポンサーサイト