好きな映画
2016年08月17日 (水) | 編集 |
 二十歳ごろ、好きな映画は「トップガン」と「サウンドオブミュージック」でした。大学への通学路に映画館があり、看板が書き換わるたびに興味をひかれました。他に記憶があるのは「ダーティダンシング」「少林寺」「太陽の帝国」や「ラストエンペラー」、映画の日といわれる割引の日には「極道の妻たち」がかかっていました。仕事を始めたころは、ジブリだけは映画館で見ようと思っていたのですが、だんだんテレビでいいやというようになりました。
 今はほとんど見ていません。家人が興味をひかれた「剱岳 点の記」、「永遠の0」くらいをお付き合いで見に行きました。数年前に「スターウォーズ」を知人に紹介されて、テレビ放映を楽しみに見ました。最新作を見に行きたい気持ちもあったのですが、結局行かずに終わりました。話題作ですからそのうちテレビ放映するでしょう。
 ずっと題名と画面を一緒に覚えているのは「ひまわり」「Uボート」どちらも子供の頃テレビで見たのだと思いますが、強烈的な印象です。その後何度も見ていますが、いつも感動します。
 
 最近では自分でピンとくることがなくて、もっぱら知人からのおすすめや家人の誘いで見ることが増えました。他には夜たまたまテレビをつけてやっていた映画とかをみていますね。
 心惹かれる映画が現れないかなあと、映画ファンの方のブログを回ってみています。が、都会の方が見ておられる映画って地方ではほとんどかからないのですね。DVDなどの媒体、動画配信でみることもあります。
 ずいぶんローズマリーの中の映画事情も変わったものだなあと思いながら見ています。

 昔のVHSのビデオももう見ることができないし、捨ててしまわねばと思っています。これが片づけだよね、と自分と一緒に時間を過ごしてくれたビデオテープを眺めています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可