個別記事の管理2016-08-18 (Thu)
トイレを新しくしようかなと考えて、リフォームの ナイス さんいんさんに診てもらいました。
 ローズマリー家には一階と二階にそれぞれトイレがあります。数年前からいろいろ考えていましたが、二階のトイレが水漏れしているのでこれを機会にと思ったのです。
 二階のトイレの水漏れは、部品交換だけなら「部品代が一万円くらいなのであとは工事費です」ということでした。タンクレスのトイレなどに交換する場合は、20万円くらいからできるということでした。
 もしクロスなどの張り替えなどを希望すれば職人さんの職種も増えたりするので日にちもかかりますという説明でした。
 ふと思いついて聞いてみました。
「トイレの床が凸凹なので汚れが取りにくいけど、なぜこんな凸凹なんでしょう」
「トイレの床がつるつるのクロスだと滑りやすくなるからです」なるほど、何かと濡れやすい場所のクロスが滑りやすかったら危険ですね。
 結局今年トイレを新しくすることは経済上難しいので部品交換でお願いしました。

 が、床はどうしたらきれいになるかなあと考えていました。一応箒で掃き掃除をしているのですが。ごそごそしていたら、どうも箒より濡れぞうきんの方がまだよさそうです。それならとマイクロファイバーの雑巾をつかってみました。隙間に入り込んで汚れを取るという雑巾です。以前購入してから網戸掃除に重宝していますし、他の床もこれで掃除しています。トイレだけは別の雑巾だったのです。
 すると、簡単というわけにはいきませんが、程々に汚れが取れていきました。結局一時間半ほどかかって大分きれいになりました。

 ローズマリーはトイレに限らず、化学薬品的に汚れを落とすよりも物理的な方法が体に負担がかからないと思っています。薬剤が危険だからです。ただ、加齢により体力や体の柔軟性がなくなっていくので便利な道具や方法はできるだけ使っていく方がいいだろうと最近では思っています。
 幸い最近の家電はセルフクリーニングの製品が増え、ありがたいことです。便利な道具を知らない、また偏見から使わない年配の人を今は笑えますがあと十年後も同じような情報をきちんと取り入れることができるかどうか、頭の柔軟性は何とか維持できるといいなあと思っています。
 
スポンサーサイト
* Category : 家事
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する