夏休みの宿題

 テレビで、子供の学校の宿題の代行業の値段などを公表していて、おどろきました。宿題の代行についてなんて、大きな声で言っていいものなんですか、ローズマリーには理解できません。基本宿題というものは自分でするもので、手伝ってもらったりしてもらったりしたことというのは後ろめたいこと、やってはいけないことなのだと思っておりましたから。
 でも世間的にはそうでないのですね。
 ある小学生のお母さんは「子供が宿題ができないと泣く、聞いてもわからないとしか言わない。できないような宿題を出す学校が悪い」と言っておられて驚きました。個人的にお子さんを知っているわけではないのですが、お子さんが本当に宿題ができない水準の学力ならば、教師はできなくても納得しているでしょう。もし学校ではできる水準にあるのに、お母さんに泣きついているのなら甘えかもしれませんし、単に怠け者なのかもしれません。
 どちらにしても、なく子供に痺れを切らしているお母さんが辛いのでしょう。子供の学校の宿題ができないというよりも、泣いている子供をどうしてよいかわからないという親子関係の問題ではないかと、ローズマリーは思いました。
 世間ではもしかしてそういう親御さんが多くて、つい転ばぬ先の杖で宿題代行業などに手を出してしまうのかもしれません。そしてお子さんのいろいろな挑戦の機会を奪っているのではないでしょうか。
 夏休みの宿題でいろいろ考えてしまいました。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: