林檎の落下
2016年09月03日 (土) | 編集 |
 庭に植えている六本の林檎の木があります。カラムナータイプという枝が広がらない樹種です。
 メイポール、ワルツ、ポルカがそれぞれ二本ずつです。天香園から苗をいただきました。
 最初の年は実がつきましたが、その後虫がついて葉っぱも実もすっかり食べられてしまいました。
次の年は花が来ませんでした。今年はメイポールの花が来て、六個くらいずつ実がつきました。ところが夏の暑さに蒸れたのでしょうか盆明けに赤い実の色が薄くなったと思ったら実が落ちてしまいました。
 ワルツとポルカは花の時期に大風が吹いてとばされてしまいあきらめていました。忘れてしまった頃、ワルツが二つ実をつけているのを発見しました。小躍りして喜びましたが、今朝実が落ちているのを発見しました。
 たった数個の実で一喜一憂です。これが農園を作っておられるところでの落下ならどんなに衝撃なことでしょう。丹精込めた農作物が一晩の台風など気象に左右される人間の仕事のはかなさを思いました。
 現在気に残っている実は、メイポールが一個、ワルツが一個です。収穫まで無事にいられるでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可