松江護国神社秋の例大祭でお詣りして来ました。2016

 松江護国神社の秋の例大祭にお詣りしてきました。先日初めてお詣りした時に禰宜様から例大祭の日にちをうかがっていましたので、満を持して出かけました。
 ちゃんと色無地を着てと思っていたら、朝から雨です。たぶん本殿前のお庭で立って並んでお詣りするのだろうと思うと、雨の中縮緬の着物を着る勇気はありませんでした。もちろん、こういう式典ではコートや雨具などは着ませんから、道中着ていてもその間は脱ぐものですよね。そうなるとクリーニングで簡単にできる洋服にとスーツで出かけました。足元も駐車場を離れたところに考えていたので雨靴です。ちょっとがっかりですが仕方ありません。
 出がけに護国神社に詣るからと言っても、自分の血縁が祀られている家人は全く興味を示しません。情けないことですが、配偶者であるローズマリーのお詣りで英霊にはお許しいただこうと思いました。 
 少し早めに出かけてみたら、本殿前のお庭には一つに90名くらい座れるテントが12張も準備されちゃんといすが並べられていました。到着したところで雨が強くなり、これは大変と思っていたら、儀式が始まるときには雨が上がりました。
 英霊の方の涙だったのでしょうか。参列者の多くはローズマリーの親の世代、ローズマリーより若い方は多分十数名でした。終戦の頃子供を残して亡くなられて英霊の方々の子供たちがこのお年寄りなのだろうなと思いました。ほとんどが足を引きずり、腰が曲がり、歩くのも大変そうな風情でした。
 
 ほとんどがそれぞれ所属のある遺族会や組織の方々のようでした。これは、今後のことを考えると大変なことだなあと感じました。ご遺族が若い人とご一緒にお詣りなら続いていきそうな感じがありますが、まったくそうではありません。年配者がお友達、お知り合いとご参加という風情です。各家族お一人という決まりがあったのかもしれませんが、直系のご家族の中で私もまいりたいというお気持ちが出なかったのでしょうか。
 そして、ローズマリーのような関係があるようなないような一般参列者が参加していないことも気になります。というのは、最後の玉ぐし奉納拝礼のときに、所属のある方は代表とともに拝礼なさるのですが、そうでない人はほとんどいなかったからです。(ローズマリーは最後に拝礼なさった前宮司様と一緒に参列席で拝礼させていただきました。ちゃんと前で拝礼順序を示しておられる禰宜様より、これが最後の拝礼なのでご一緒にと参列者全員にご案内されます)これはもっと周囲の皆さんにお知らせする必要があるなあと切実な気持ちになりました。
  
 雨の後ですっかり気温が下がり、座っていると寒く感じました。ローズマリーは今年最初のヒートテック着用だったのですがそれでも寒かったです。儀式が終わり、鳥居の外に出てから持って行ったコートを着ました。
 鳥居の外には、露店が数点出ていて、実は式典の間、いい匂いが参列席の間を漂っていたのはこの匂いだったのだなあと思いました。

 松江市の中心地、県庁隣の亀田山、松江城のすぐ隣にあります。どうぞ観光の際に英霊の御霊にもお参りください。周囲は散策に素敵な小道がたくさんありますよ。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: