飛鳥の夢
2017年03月18日 (土) | 編集 |
 箏の新しい曲は「飛鳥の夢」です。 Youtubeを検索したらいろいろ出てきましたが、こんな感じです

 師匠の方針で今回から唄をしっかりできるようにと少しずつ稽古することになりました。が少しでもなかなかできません。練習量が少ないというのが一番の理由ですね~。如何ともしがたいのですが。
 うたい方が「万葉調の雰囲気が出るように丸く」といわれますが、丸くって……丸いうたい方がよくわかりません。が、自分の歌は歌詞や音程をおっているだけで、唄になっていないというのは分かります。歌詞の意味や雰囲気というのか情緒というのか、伝わるように歌うことと、箏の伴奏が一致するように、聞いている人が万葉の世界に入り込んでいけるように演奏するというのが表題であると教わりました。
 しかし分かったからと言ってすぐにそれができるわけではなく、毎回課題であります。
 万葉の時代背景の小説でも読んでみると、いいかなあと思っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可