予備自衛官補教育訓練同期会へ2017春
2017年03月24日 (金) | 編集 |
 今年も予備自衛官補(予備自補と略します)技能Ⅰを一緒に訓練した仲間の同期会があって出かけました。
 京都で教育訓練でお世話になった班長をお招きしました。
 二年目二回目ですが、前回のほぼ半分の出席者になりました。たまたま皆さんお忙しかったのか、それとも今後こういう風に減っていくのかと言いますと多分減るのだろうと思います。ご家族がある方や遠方だとなかなか出にくいものです。そして予備自衛官になった方は職場で連休を取っていることが確定ですから、ますます職場で身が細る事情があるでしょう。京都まで出てくるにはいろいろと障害があるのだろうなと思います。
 今回来ていただいた班長はそれぞれ今年度来年度中に異動なさるそうですから、そうなったら、同期会はいろいろな場所にして、遠方の方がいつも時間的経済的に不利にならないように配慮してはどうだろうという意見も出ていました。
 ローズマリーはそれに大賛成です。班長に来ていただきたいのはやまやまですが、できれば数年ごとでいいので同期のそれぞれに逢いたいという気持ちが強いのです。それぞれの地域持ち回りにすれば数年に一回は行けるかもしれません。それに動ける人ならあちこち旅行もできます。
 
 さて同期会です。
 今回は京都の町家を改造したお宿を貸切です。
 こちら そのなかの八条 鈴

 本当に住宅街の中なので、夜中までうるさくして大丈夫かなとちょっと心配になりましたが、今回の参加者は少なく、そんなに大声も出なかったので大丈夫だったのではと思っています。苦情が出ていないといいのですが。
 台所(オーブントースター、オーブンレンジ、コンロ、簡単な食器)、洗濯機などありますから短期滞在にはとても便利だと思います。二キロ離れたショッピングモールでいろいろ惣菜や飲み物を買ってきて、そして不参加者からの差し入れ、参加者からのもちよりもあって、楽しく宴会できました。
 そして、LINEでのビデオ通話なども駆使して遠方の人も一緒に宴会している気分になれました。ビデオ通話はグループラインで大勢でもできそうなので今後も使ってみようという話にもなりました。
 みんなで歩きながら、これ何のグループに見えるだろうねえと話していましたが、社員旅行が一番無難な感じかなとローズマリーは思いました。年齢も地域も職種もバラバラですけどね。
 当日はやめについた同期がお土産を置いて乾杯したらさっさと帰ってしまったり、来るはずだった人が仕事が長引いてこれなくなったり、驚くこともたくさんありました。
 次の日は前日の残りで朝食にして、宿のテレビで甲子園の開会式をみんなで見ました。それからちょっとだけお茶をしてそれぞれ分かれました。
 次はいつ会えるのでしょう。毎回一期一会です。次逢えるかどうかわからないし、それまでに何かがあるかもしれません。

 そしてだれもが、国家に何かあった時には駆けつける覚悟の予備自衛官でもあります。それぞれ精進しながら日々の務めに励むのです。
 また、次皆が元気であえますように。そして、暮らしが平安でありますように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可