貯金(?)のおはなし
2017年04月21日 (金) | 編集 |
 老後が気になるお年頃というのでしょうか、既におばば年齢ですが、直系の子供がいないので仕送りなどはしておらずありがたいことです。
 郵便局から簡保のおすすめに来られました。郵便局が保険業務と郵便業務と別れてから、どういう名前になっているのかわからないので間違っていたらごめんなさい。今名刺を確認したら、郵便局の金融渉外部というところから来ておられました。

 年金代わりに貯金をして保険をつけておきませんかというおすすめだったようです。

 貯金はしておくに越したことはないですし、必要な方は保険がついていればなお良しでしょう。
 しかしローズマリーは今新しいそういう商品にまったく興味がないのでお断りしました。
 経済的に賢い人間ではありません。いろいろと面倒くさいのでやりたくないのです。ただ、定額で貯金をするだけですと言われてもやりたくないのですから、仕方ありません。

 郵便局の営業さん曰く「奥様のようなはっきりと自分の意見を言われてお断りなさる方は初めてです」といわれました。
 
 ええ、変り者ですから。
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可