個別記事の管理2017-04-25 (Tue)
 7月の健康舞踊の発表会に向けて、爪を伸ばすべく努力中です。そんな中ネイリストさんと知り合ったので、さっそくサロンにお邪魔してきました。今の爪の手入れと発表会でのマニキュア、ペディキュアの相談です。必要とあればつけ爪についてもオーダーしようという気持ちです。
 自宅サロンなので、予約を入れたら、ネイリストさんが自宅周辺からの道順を写真でお送りくださいました。おかげで迷うこともなく時間通りに到着しました。
 
 ローズマリーの爪の悩みといいますと、子供の頃から爪を噛んでいて深爪にしていた上に、仕事上長い爪をしてはいけなかったので、噛まないまでも短い爪に慣れてしまっていることです。そして、こまめに切ってやすりをかけているつもりでも引っかかりやすいことです。足の爪は指によって深爪、変形などいろいろで、靴下が破れやすいことや、内反小指で痛むときがあったり、爪が隣の指にあたって傷を作ったりすること、巻爪があること、足底の角質ケアが欠かせないことなどです。
 
 相談の結果、つけ爪をつくるよりも今の爪をもう少し長く伸ばして当日マニキュアする方がいいことになりました。
 そして手足の爪の手入れをお願いしました。手は30分ほどで1500円、足は2000円ということで安心してお願いしました。足はフットバスの後、爪の手入れと踵の手入れをしてもらいました。
 手足の爪も、足底の角質もすっかりきれいになって、引っ掛かりもなくなりました。触って柔らかくなってびっくりしていると「手入れを続けておくともっと柔らかくなります」といわれてさらに驚きました。これは手入れしなくてはいけませんね。

 そのあと肩をもんでもらって鑢のかけ方を習いました。ネイリストさんおすすめの鑢と手入れのためのオイルを購入しました。((帰宅して気が付いたのですが、足底の鑢は購入しませんでした。次回聴いてみようと思います)
 あとは自分で手入れをして、わからなかったり調子が悪ければいつでも連絡くださいと言っていただきました。

 最近はやりのジェルネイルの話も出ました。マニキュアよりも丈夫で家事をしても大丈夫だそうです。そして伸ばした爪でもジェルネイルがしてあると滑らかになっているので引っかかったり皮膚に傷つけたりすることも、自分の爪そのままより少ないそうです。実際にジェルネイルをした爪でひっかいてもらいましたが、すぐに痕がつくローズマリーの皮膚でも大丈夫でした。
 おしゃれと実用の両面を兼ね備えられれば便利ですね。 

 さてさて、発表会までにうまく爪を伸ばすことができますように。
スポンサーサイト
* Category : 外観・服装・髪型
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する