さかや呉服店の展示会201705
2017年05月21日 (日) | 編集 |
 久しぶりに呉服屋さんを覗いてきました。
 今回は機織りの実演、足袋のあつらえなどが目玉商品でした。

 年を経るごとに、貴重品になってしまうあちこち地方の特徴ある反物が、展示され目の保養になります。が、ほとんどが今後生産されることはまずない品物ばかりになりつつあり、寂しい限りです。

 ローズマリーは足袋の寸法を見てもらいました。いろいろと足には不自由しているのですが、和装は本来自由度が高い寸法どりなのであまり苦労しておりません。それでも寸法を見てもらうと普段より、ぐっと足に逢う足袋を見つけることができました。
 昔は小物を扱う地元のお店もあったのでしょうが、最近では京都などから職人さんに来てもらうような今回のような機会でもないと田舎では入手できないようになってしまいましたね。
 斜陽産業といわれる着物業界ですが、ローズマリーは日本の伝統的衣装として今後も積極的に着る予定です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可