個別記事の管理2017-06-21 (Wed)
 ローズマリーの爪はあちこち巻爪です。それでも不都合を起こさない時期があるのですが、不都合が多く出る場合もあります。多くは巻爪のある指に体重をかける状態になった時などです。

 バレエをやって、トーシューズを履きつま先立ちをしていた時は両方の足の親指の爪の両側が炎症を起こして大変でした。たぶん体重をかけていたからだと思います。その後自然に治りました。

 が、時々は痛くなります。歩き方やその時の爪の長さで体重のかけ方が偏るからではないかと思います。
 そんな時には新しい創傷治療のサイトの、自分でできる巻爪の治療のページで勉強した方法を使います。爪やすりでできるので便利で簡単、あっという間に痛みがなくなります。
 医者に行かなくて処置ができるのは本当にありがたいです。
スポンサーサイト
* Category : 心と体
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する