出雲駐屯地サマーフェスタ2017に行きました

 出雲駐屯地での解放行事に行きました。
 少し離れた場所に設置されている駐車場に車を置いて、自衛隊の用意したシャトルバスを利用しました。到着はオープニング行事の30分前でちょうどいい感じでした。
 オープニングは体育館で、第13音楽隊の演奏でした。途中からは出雲西高吹奏楽部との合同演奏でした。いつもながら、誰ものが知っていそうな曲選択、もしくは乗りやすいアレンジ曲など楽しめました。あっという間の30分でした。
 あとはグランドでのオートバイドリルです。出雲駐屯地に駐在する第13偵察隊です。今回披露した隊員は六名中山陰出身者が5名と地元に配慮した布陣でした。今回はその後戦闘模擬訓練展示があったので、短時間でした。物足りないなあという感じでした。
 模擬戦闘訓練展示は、先ほどの偵察隊のオートバイ、軽装甲機動車や岡山県日本原駐屯地からやってきた戦車や、鳥取県米子駐屯地の普通科部隊など近隣の駐屯地との連携で行われました。
 ご存じのとおりあちこちの駐屯地にすべての職種部隊があるわけではないので、大きくは防衛大綱によって配置されているのです。何かが起こった時には、それぞれの駐屯地から派遣される形で配備され連携して「事」に当たることになるのだと思われます。
 今回の模擬訓練でもその連携が展示されたというわけですね。
 普段聞くことのない射撃の音などに驚いたり、戦車の動きに目を見張ったり、目の前で展開される訓練をたくさんの人が見ておられました。
 周囲には模擬店も出され、かき氷のお店には長い行列ができていました。

 今回は台風が九州南部に近づきその動向が気になる中、最高気温は38℃と予想され、これはお客様はどうなのかしらと思っていました。が駐屯地には元気な家族連れがたくさんいらして驚きました。駆け回る子供たちとそれを追いかけている親御さん、うれしそうにミニ制服を試着して写真を撮る姿、他にも子供たちの楽しい遊びができる場所が確保されていました。また客席は子供用も確保され、背の低い子供たちのために一段高くなっていたり、配慮があって素晴らしいなと思いました。
 
 また、一つの隊舎の屋上が解放され、そこから訓練展示を見ることができました。ローズマリーは屋上から見たのですが、人も少なく柵にもたれたりもでき、風もよくとおって快適でした。
 しかし朝から30度超えの野外は体力を奪いました。ローズマリーは模擬戦闘訓練が終わったら撤収いたしました。装備展示を見る体力は残りませんでした。
 帰宅して、頭痛発熱していて、すっかり暑さにやられてしまいました。往復の車では冷房もつけ、会場にいる間もお茶も数種類用意してのみ、ぬちまーすもなめながらの見学でした。二時間が限界だったなと思います。
 家に帰って、玄関に入ったら「涼しい」と思いましたが、玄関の気温は35度でした。一体外は何度だったのかか、げんなりしました。
 天気予報で35℃を超えていたら、もともと暑さに弱いローズマリーは他の行事なら絶対出かけなかったと思います。今回でかけてとても楽しかったのですが、途中休憩して冷房のついている厚生センターの中に入るなど工夫しないと危ないなと思いました。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: