夏休みの読書感想文

 子供の頃の夏休みの宿題に読書感想文があって、課題図書も決まっていました。ローズマリーは本を読んで感想を書くのは好きです。子供の頃も好きでした。ただ、本を決められているのが気に入りませんでした。あれは、売り上げを伸ばすためなんでしょうか、感想文を審査する側の便宜を図っているのでしょうか。
 本当に子どもに感激させたいなら本を選ぶところから自分でさせるべきで、またその本がどんな本であろうと感想文を受け入れるべきだと思っています。
 読書感想文が嫌いだという子供に逢うと、本も嫌いなのかな、感想を書くのが嫌なのか、などといろいろ考えてしまいます。
 今でも課題図書の感想文があるようでとても嫌な感じです。
 本が好きなのに嫌いになってしまうような気がします。
スポンサーサイト
[ 2017/08/10 06:00 ] 書籍・読み物 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: