町のお肉屋さん
2015年04月24日 (金) | 編集 |
 ローズマリーが子供のころ、自宅の一キロ圏内には数件の肉屋さんがありました。普通の肉屋さんの奥には肉の塊がぶら下がっていたり、クリスマスにはロースチキンを注文したりしていました。
 鶏肉専門店もあり、いつだったかいただきものの野生のカモ肉をさばいてもらったこともありました。
 その肉屋さんが今は一軒もありません。ローズマリーの肉の買い物も生協利用か、スーパーに行くことばかりです。

 お友達と買い物ツアーをした時に思い切って、町のお肉屋さんに行ってみました。ここはローズマリーの子供のころからちょっと大きいお肉屋さんという位置づけだったと思います。
 ちょっと敷居が高くて、値段も高いかもと思っていたら、そんなことありませんでした。考えてみればスーパーと比較して段違いに高価だとお客さんが減ってしまいますよね。それなりに人気を保ち、お店をリニューアルしたりしておられるので、よい商売をしていらっしゃるのでしょう。
 そういえば今思い出しました。もう十年以上も前に働いていた勤務先では社長の奥様を筆頭にみんなで数をまとめて肉やコロッケを注文して、夕方配達してもらったこともありました。職員が主婦が多かったので帰りの買い物を省くために(笑)。そういうサービスを今もしておられるかはわかりませんが、当時はとても助かっていましたね。
 
 きたがきミートショップ 島根和牛を扱っているお店です。今回は牛すね肉を目的に出かけました。家族が飲み残した赤ワインで肉煮込みを作りたかったのですが、今回の生協注文で、すね肉の企画がなかったので思い切って出かけてみたのでした。
 すると思いがけず、ラム肉もうっていました。残念ながら懐かしのマトンは見当たりませんでした。聞いてみたらあったかもしれませんね。
 手作りビーフコロッケがおいしいと話題のお店です。チキンカツや、から揚げ、軟骨などの揚げ物がたくさんあり、お肉は量り売りでした。肉製品だけではなく糸こんにゃく、たまごや、カレーのルー、焼き肉のたれ、塩、こしょうなども売っていました。
 牛すね肉はガラスのショーウィンドウにはなく、店員さんに口頭で注文したら、奥から出してきてくださいました。
 牛すね肉500gとラム肉500g、鶏ひき肉300g、糸こんにゃく二つを買いました。また買いに来ようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可