は、わ、づ、ず、とか
2015年05月23日 (土) | 編集 |
こんにちは。と書くようにと学校で習いました。それがわかっていてわざと「こんにちわ」と書く人がいるのは知っています。しかし最近、わからず使っているなあと感じる場面がよくあります。
 それと、「づ」「ず」のつかいかたです。濁点を外して言葉の意味をもう一度考えれば間違うことはありません。とおもいますが、そうではないようです。
 「という」という言葉も、よく「とゆう」になっているのを見かけます。それもよいお年を召した方が。

 と感じるのはローズマリーが見る文章というものがWEBで増えているからと思います。一般の人の文章が多いですね。以前は文章を目にするというのはほとんど印刷物で、文章の専門家による校正を経た印刷物だったからです。今はローズマリー自身も含めて、読み直しをして書き直しをしても、自分の間違いには気が付きにくくなってしまいました。
 「じ」と「ぢ」、「づ」「ず」は発音すると日本語では同じですが、それぞれつながる言葉でどちらかの字か異なります。だんだんいい加減になっていくなあと思います。

 漢字の使い方もよく間違ってしまいます。

 気をつけなくてはと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可