美保基地航空祭2015と幼き頃の思い出など その2
2015年05月25日 (月) | 編集 |
 ずっと山陰に住んでいるのに、はじめで出かけた美保基地航空祭です。
 子供のころ、親に行きたいといったことがありますが(県境を越えて一人で出かける勇気はなかった)、いい返事がなかったわけが出かけてみてわかりました。
 
 とにかくすごい混雑なのです。昔は今ほどの自家用車普及率ではなかったとはいえ、道路事情が今より格段に悪いのでたぶん同じくらいの時間がかかったと思います。
 その上当時のローズマリーは車酔いをしておりましたから、親としては遠出などしたくなかったでしょう。そして、ローズマリーだけを連れて行くわけにはいかず、妹も一緒となると、着替えや食事など用意もたくさん必要となります。
 そしてローズマリーだけが興味を持っている展示を一日中見て回るのに親が付き合ってくれるはずもなく……。

 今から考えると親が連れて行かなかったのは妥当な線でしたね。
 
 親も仕事があって、休日は休みたいということもあったと思います。
 今ならわかります。

 となると、今回であったたくさんの家族連れの方々の精力的な催事への参加に頭が下がります。小さな子供さんと連れて、ベビーカーや子供さんを入れられるリュックを担いだり、抱っこやおんぶ、肩車など、喜んでいる子供さんも寝ている子供さんもいろいろでした。渋滞の車の列から、トイレに向かって走り出す子供たちもいました。
 会場のトイレはもちろん長蛇の列です。子供さん連れだと、ころあいを見てトイレに並ばないといけないでしょうね。

 出不精のローズマリーにはこういう行事は一大決心です。
 出るのが大好きとおっしゃる方もあるのでいろいろでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可