コラーゲンシェルをした時の体の様子201506
2015年06月25日 (木) | 編集 |
 ローズマリーがコラーゲンシェルに入る魅力の一つは体が温まることです。
 夏場はびちゃびちゃになるほど汗が落ちます。なぜか、それが体全体で平均的ではなくて、出やすいところがあります。一番多いのは背中から腰あたりです。次がふくらはぎから足にかけて。
 最初はコラーゲンシェルに触れている部分だけかと思ったら、常時コラーゲンシェルに触れている頭の髪の毛など別に濡れたりしません。手先も同様です。
 あんまり多いので夏場はふき取りようのタオルを持って行って、機械の上にたまった汗は拭きとっておきます。体も拭きます。しかしこの汗はべたべたしません。さらっとしています。

 既に一年通ってみて、肘とひざの着色やガサガサ感がほとんどないくらいまでに減りました。このことを聞いてみたら、やはりほかの方もそういうことを実感しておられるようです。
 垂れていたバストやヒップが持ち上がるという嘘のようなことも実感しています。ビフォーアフターの写真がないのが本当に残念ですが、最初からそういうところの写真を撮るもの何やら怪しげなのかもしれません。自分で体験して自分で考えるというのが一番良いのかもしれません。

 そして行って楽しい場所であるということが重要だと思います。気分がよくなるかどうか、自分の感覚を信じてみてくださいませ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可