安いSIMカードプランがmegaeggでもでた
2015年07月26日 (日) | 編集 |
 ローズマリーの家では中国電力の関連会社megaeggの光ファイバーが敷設されてすぐ使い始めました。それまではNTTのISDNでした。ずいぶん速度が速くなったように感じ感激しました。

 当時NTTの光ファイバーの敷設を待ってみたのですが「敷設の予定はありません」とにべもなく断られました。 

 そして今はau でiphoneを使っております。megaeggとの併用で割引があるのです。

 しかし、三大キャリアといわれるNTT、au、ソフトバンクは安くありません。

 ぷららモバイルのSIMカードがLTEフリーで使い放題で3460円です。契約期間制限はなし。通信速度は3Mbps、音声プラスで30秒20円です。前回計算した様子はこちらSIMフリーiphoneを使うことは同じなので3736円+通話料ですね。

 megaeggでもモバイルSIMカードが出ました。2980円で最低契約期間があります。こちらも通信量無制限です。通信速度は不明です。音声通話は30秒10円です。
 料金モデルは「基本料金+通話料+SMS通信料+音声通話オプション」です。
 
 どちらも回線はNTTdocomoを使うようです。

 速度について明確にしているのはぷららで、知りたいことはぷららの方がきちんとしています。まあどちらを選んでもそう変わりはない気がします。通話料が気になる人でデータ通信量は少なめならmegaeggでしょうか。
 ローズマリーはその反対なので、やはりぷららかな。

 あちこちの業者が安いSIMカードを出してきましたね。
 今後は携帯電話自体は電気屋さんや量販店で購入して、キャリアは安いSIMカードのところを使うというようになっていくのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可