母の考え、子供の気持ち

 家人の母は、料理が得意です。最近では兄嫁にすっかりお任せしていますが、季節の保存食はまだまだ自分が第一人者という自負があります。
家人の母曰く「○○はナスの煮たものが大好きだから」とよく持ち帰りを薦められます。しかし、家人はこれが好きではないのです。いうなれば食べない食品です。
 なぜか母は好きだと考えているのです。そのあたりの齟齬が不思議です。母の前で家人が食べているのを見たこともありません。
 
 あれは母の嫌がらせなんだろうか、それとも自慢の料理を食べてほしいだけなんでしょうか。
家人曰く「俺はいらんで。お前が食べろ」ローズマリーはナスは好きですからいただいておりましたが、最近では糖質制限なので、いただくこともなくなりました。

 今年もナスの季節です。同じ会話が繰り返されるのでしょうか。様子をうかがっております。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: