お弾き初めの曲がほぼ決まったかもしれません
2015年09月15日 (火) | 編集 |
 月日が経つのは早いもので、もう九月も半ばが過ぎました。
 箏と三絃の師匠も、弟子の上達ぶりを見ながらお弾き初めの曲を算段しておられましたが、ここにきて古参の姉弟子たちから直訴がありまして、曲目が変更になりました。
 とてもうれしいけれど難しいという越後獅子は、師範免状のある方だけで演奏することになりました。ちょっとほっとしましたが残念でもあります。
 
 そして新しい曲目が課されました。「新しくないわよ、教えたわよ」と師匠は思っておられるでしょうが、いつやったかも覚えていない曲は……すっかり忘れて気持ちの上では新しい曲とローズマリーは思っております。ただ、唄つきでないのでその分ハードルが低いかなという期待もあります。しかし、今年最初にやった曲さえ、久しぶりに合わせて演奏していただいたらすでにぼろぼろ状態です。かなり頑張らないと危ないです。

 結局三絃の曲を二曲、箏の曲を一曲発表の機会をいただくことになります。さあ、がんばりましょう。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可