のど元過ぎれば熱さ忘れる

 いつもそうです。
 いい気になってしまうのですね。ほとんどが体調のことです。
 
 肘の痛みがこの春在って、よく考えれば毎年かもしれません。今年は仕事がたくさんあるので仕事に支障が出始めて、あわててWEB検索してストレッチを探し出しました。

 あちこちの痛みというのはあまり医療で効果的で画期的と言えるような対応を見出すことができません。鎮痛剤とそれを含む湿布くらいですね。
 薬を飲むと副作用でさらに体調を崩したりしますからできれば避けたいのが本音です。
  
 ありがたいことにこの春見つけたストレッチとてもよくて、ひじの痛みを忘れていました。
 多分一か月くらい前、また痛みました。今回の痛みはちょっと違うなあと思っていました。打ち身の後のような痛みだったのです。でどこかにぶつけたのかなと放っておいたら頻度が増して痛みも強くなってしまいました。あっという間に常時痛い状態です。
 先日の箏の稽古の時にはあきらめて鎮痛剤を飲んで出向きました。それでも痛かったのでひどい状態でしたね。日によっては眠れないときもあります。痺れのようなときもあります。

 動作としてはねじる動作が一番はっきり痛みが出るようです。素振りや編み物では痛みません。モノを持ち上げたりすると問題です。
 あわててストレッチ再開です。
 体調を管理することは大事だよってきっと体が教えてくれているのだと思います。腰痛体操は忘れずにしているのでちょっとあれっと思っても続くことはありません。これは骨身にしみているのでしょうね。肘も他には膝も、もう若くはありませんから、調整のためにするいろいろなことはもう欠かせないということなんだと思います。
 そのための時間はやはり一番にしないとだめなのですね。きちんとした死に方をするためにも最後まできちんと体調管理が必要でしょう。

 忘れっぽくて、自意識過剰でいつも結局負担をかけているのは自分自身なのだろうと思います。
スポンサーサイト
[ 2015/09/30 06:00 ] 心と体 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: