個別記事の管理2015-10-17 (Sat)
 しばらく前から腕が痛み困っています。ストレッチと保温と何とかしのいでおります。
 仕事場の先輩からは「使わないともっと痛くなるよ、すこしずつでもつかっているほうがよくなるのでは」と指導をいただきました。
 
 仕事は休めないので仕方ありません。
 
 お稽古すると痛いので家で㋨稽古をさぼってみました。
 そのまま師匠宅の稽古に出向き、忘れてしまった三絃の撥を師匠にお借りしました。
 すると、ちっとも痛くないんです。楽に弾くことができました。
「当たり前よ、値段が違うもの」と師匠に言われました。こんなに使いやすい撥ってあるんですね。やはり値段はこういうところに現れるのですね。
 それを見ていた友人が師匠に「おいくらくらいで入手できるでしょう」と聞きました。
「そうねえ、百万くらいはするでしょうねえ」
弟子はみな笑顔です。
 お礼を言ってお稽古を辞しました。

 よく考えると、若いころからあちこち痛くなるのです。膝とか腰とか肘とかね。ローズマリーの体はこういうものなのでしょう。付き合っていくしかありません。
 できるものなら11月の訓練までに治ってほしいです。ちょっと我慢していましたが、薪仕事再開することにします。動かしたことでストレッチになるかもしれませんし、動かしながら暮らすしかありません。じっとしてたら生活できませんからね。
スポンサーサイト
* Category : 音楽
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する