公共機関の利用
2015年11月12日 (木) | 編集 |
 普段は徒歩か自家用車、自転車使用で公共機関を利用することは年に一回あるかないかといったローズマリーです。
 たまに長距離でも家族と一緒ならほぼ自家用車使用です。 
 一人で長距離移動の時だけ公共機関を利用します。

 まずは旅程を作って、チケットを考えます。最近はそのためのソフトなどあり検索で出てくるので本当に便利ですね。
 駅に行ってチケットを買うにも心配なので窓口に行きます。自動発券機で間違えるのが恐ろしいからですね。このあたりいかにも年寄りですね。
 家でパソコンで作った旅程と乗る予定の電車等の時刻表を見てもらって、駅員さんにチケットを手配してもらいます。当日だとチケット売り場込み合っているときなど遅くなるとドキドキします。指定席込だと一か月前から購入できるので指定席でお願いするように数日前に駅に行くことにします。詳しく説明してもらい、日にちごとに分けてもらって封書にいれて何とか安心です。これで往復の交通は確保しました。
 
 バスにも乗るんですがこれは長距離でなく普通のバスなので当日間違えないように乗らなければいけません。これも乗るバスと行先降りる場所、料金、所要時間を印刷して電車の表と一緒にファイルしました。

 こんなことなれれば大したことないと思うのですが、普段やり慣れていないと考えますね。家族も出張が社用車だけの時には、たまに公共機関を利用することになるとほぼ会社の総務の人に丸投げしていたようです。しかし最近出張が増えてそうもいかなくなって、自分でできるようになったらしいです。
 同じことかなあと思ったりしています。
 飛行機も電車も両方使う家族はWEB申込みしているみたいなので、今度はその方法を聞いておこうと思います。でも当分は駅員さんに確かめてもらう方が安心な気もします。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可