薪運び201512
2015年12月10日 (木) | 編集 |
 2016年秋からの使用予定の薪を預けてあった薪ストーブ屋さんの薪置き場から自宅敷地へ運び込みました。薪ストーブやさんの枠で3枠です。ローズマリーの車で四往復ですね。
 今回車が横付けできる薪棚だけでなく、ちょっと薪を手持ちで運ぶ距離があっていつもと同じ時間配分で運びきれるか心配だったのです。が、やってみると思ったよりも普通通り運べました。自分の体力がついたのかどうなのかちょっとわかりませんがよいほうに思いかけなかったので安心しました。
 作業するのは平日仕事前だったり、休日だったり、ちょこちょこしながらですね。
 なんとか雪が積もる前に終了してほっとしました。薪ストーブ屋さんの薪置き場は、山間にあるので平地とは積雪が違いますし、いったん積もると解けません。もちろん除雪なんてない道です。雪が降るまでにというのは必須条件です。
 あとは、敷地内に山積みの薪を、物置兼薪棚に積み上げる作業が残っています。
 毎年新しいものを下の棚に、その年使う薪を上の棚に置くことにしています。というのも、乾燥したほうが薪が軽くなるだろうという予想で、重いものが下の方が安定がよさそうに思うからです。また積み替えることで風の通りが変わるのかなと思ったりして、いろいろ考えた末の無駄とも思える積み替えを毎年せっせとするのです。
 でもこれもみんな、楽しい冬を迎えるための作業です。まあ体力作りと思えばいいですよね。

 この薪運び、何度も言いますが思いのほかローズマリーの体力作りに役に立っていると思います。運んだり積み上げたりする間にいろいろ考え事をすることもあれば、ラジオやCDを聞きながらすることもあります。
 足元は先芯入りの長靴(ローズマリーサイズがないのでいつもダボダボ出歩きにくいことこの上ない)なので足に小さなダンベルをつけているようなものですし。
 最近少なくなっていますが、野外での薪作業だとおやつを持って行ったりお湯を沸かしてコーヒーなどの飲み物を作ったり楽しいこともたくさんあります。またやりたいなあという気分もしてきました。
 年が明けた二月あたりから次の薪作業が始まります。楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可