地域のチャリティー演芸会に参加しました
2015年12月15日 (火) | 編集 |
 年末あちこちで行われるチャリティ-の演芸会に健康舞踊の仲間で参加しました。
 12月は二月のお弾き初めに向けて合奏練習があるので、週末の行事はお断りしているのですが、断りきれませんでした。今年は平日仕事なので、昼間のクラスでの練習ができずまったく振付に自信がありませんでした。
 前日に皆さんに集まっていただいて一夜漬けで習いましたが、自信ないままに舞台にでることになりました。
 当日舞台も結局失敗が出てしまいました。舞台に上がるのにあんなことではいけません。やはり次回からは練習できないときには失礼することにしたいと思います。
 それと舞台に立つのに仲間の中でもいろいろな思いがあります。ローズマリーは踊りは人によっていろいろありますが、身だしなみだけは誰でもきちんとできるはずと考えています。だからせめて身だしなみの化粧髪型だけはきちんとすべきと思っています。しかし、それが嫌とおっしゃる方もあります。そういう状態での群舞は嫌です。皆さんがきちんとする気のない舞台なら以後はやめさせていただくように事前に確認しようと思いました。
 
 今回衣装も前日に確認したにも関わらず、当日になってローズマリーの衣装の間違いが発覚したこと、ローズマリーが痩せて寸法が見た目にかなり合わなくなっていたことも指摘されました。残念なことです。これは踊り以前のことです。それが準備できないようならやはり踊る資格はありません。
 もう少し舞台というものをきちんと考えておかないとだめだと思いました。
 健康舞踊のインストラクターの主眼は楽しく踊るです。ローズマリーはきちんとできなければ楽しくないのです。ですからそういう舞台は失礼するほうが皆さんにも負担にならず、ローズマリーも嫌な気分にならなくて済むと思いました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可