自動車免許更新「違反者講習」
2016年01月07日 (木) | 編集 |
 ローズマリーは恥ずかしながら前回免許更新の直後(ゴールド免許)人身事故を起こし、今回五年目の更新が違反者更新になりました。
 もともと自動車運転は苦手意識ですから、渋滞時や危ないと自分で感じるときには運転しませんし、通勤も徒歩でできるように今回は近場を選択しております。
 気をつけてはいても、万全にはならないのだと身に染みております。

 さて、違反者講習に出てみると、なるほど違反者というのはこういう人たちが起こすのだと納得しました。
 講習教室に入る前に、「○階〇番教室です。本のおいてある席にお座りください」と示されました。
 ところが教室に入る前から受講者は右往左往、いざ入ってみると、本のないところに座る人数人、中央の講師の机から勝手に本を取っていきます。講師が講習を始めても、どうどうといびきをかいて突っ伏して寝ている人数人。
 人の話を聞いていないのでしょうね。人に教えを乞う人のする行為とは思えない行動です。それもみんなよい大人です。自分たちが違反者であるという自覚がないのでしょうか。
 そして、講習が終わり免許交付の時になるとわれさきにと教室を出て番号も呼ばれていない場所に殺到しました。

 違反を起こすはずです。こういう人たちがたくさんいるから違反は減らないのだと納得しました。
 ローズマリーも違反者講習受講者です。あの人たちと同じなのだと肝に命じました。
 どんなに注意していても相手も注意していなければ突っ込んできて事故は起こります。相手はみんな自分勝手なんだと思って、車の運転をしないと本当に危険だとよくわかりました。
 恐ろしいことです。安全運転のための講師の方もさぞかし、無常感を味わって仕事しておられるのだろうと思います。
 事故が起こらない世の中なんてないのだなあと嫌な気分になりました。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可