片づけは重要 茶杓はどこへ
2016年01月14日 (木) | 編集 |
 茶杓が見えません。どこに行ったの~ローズマリー家の茶杓。
 竹製なのですが、いつもの場所にありません。

 まあいつもの場所にいつものものがないのがローズマリー家だといわれれば、確かにそういうことがよくあります。
 茶杓はもしかして家人が薪ストーブに薪と間違えて入れたかもしれないという気もします。何かの拍子に落ちた茶杓を木切れが落ちていると勘違いすることも考えられる家人です。
 家人の実家でその話をしたら家人の兄が「そんなこともわからんだろうか」と疑問を表明しましたが、既に10年近い薪ストーブ歴なのにいまだに焚きつけがうまくいかない家人の様子を披露したらう~んとうなってしまいました。

 で次の茶杓は塗りのものにしようと思います。塗りものなら、たとえ落ちていても木切れと簡単に思わないで机の上に戻してくれそうだからです。お盆の上に載っていても、木切れをこんなところに載せてとか言わないだろうし。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可