体型と年齢とトレーニング

 運動と見ためは結構相関すると思っている方が多いと思います。
 確かにそうですが、世間で考えるほど激しい辛い運動をすることではないと実感しております。
 というのは、糖質制限をしてからわかったことです。
 ローズマリーは49歳ですが、糖質制限を始めた46歳当時よりも体型がよいです。特に腹部が違います。筋肉がしっかりわかる体型になりました。そして現在激しい運動はしておりません。
 腕を鍛えるためにするのは、痛み予防、老人ホームで頭の働きを良くするといわれる指回しです。

 やっているのは腰痛体操です。腰痛予防のために体操ですよ。老人ホームなどで理学療法士さんが指導するリハビリと一緒です。
激しい腹筋などしておりません。それなのにこの腹部の見た目を手に入れたことは自分でも感激するほどうれしいです。
 元気な生活ができ見た目の美しい筋肉の作り方って、今世間で思われていることと違うのではないかと思います。

 まずはタンパク質と脂質の多い食事で体の無駄なものを排除し、人間が本来持っている生理機能、特にエネルギーを使う方法を元に戻すこと。その上で、たくさんの小さな筋肉を使うこと、腰痛予防で言われる腹斜筋、多裂筋等を効果的に鍛えることではないでしょうか。それには激しい辛い運動はなく、テレビを見ながらごそごそするくらいでできます。
 ローズマリーの場合ならNHKの子供番組一本10分~15分で一日分が完了です。

 嘘だーと思う人は試してみてください。試さずやらない人には何も起こりません。試してみる人だけが素敵な体を手に入れられるのです。ちなみに、糖質制限の方法、運動の方法は本を買うか、ローズマリーに聞いてください。
 定期的に物を買ったりジムに通うなどの金額がかかるものではありません。自宅で自分の裁量範囲でできます。

 ただ、人間に体質はあります。人によって多少変化の現れ方が違うことは考えられます。そのあたりをきちんと考えてできる人だけが取り組んでほしいと思います。
スポンサーサイト
[ 2016/01/23 09:03 ] 心と体 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: