呉江田島部隊研修に行きました201603その2てつのくじら館
2016年03月21日 (月) | 編集 |
 てんりゅうの見学が済むと地本の皆さんにホテルに送っていただき、夕方からの懇親会までは自由時間となりました。
 この間を利用して、てつのくじら館を見学に行きました。ここは入場無料です。
 雨が降っている日でしたが、呉駅近くでショッピングセンターに隣接している館内はいろいろなひとでにぎわっていました。隣には大和ミュージアムもあります。
 てつのくじら館では日本の海上自衛隊が戦後継続してきた掃海の歴史が紹介されています。海に囲まれた日本で戦中に米軍のB29などから落とされた機雷を除去処理することがいかに重要だったかがよくわかります。もちろん機雷処理がされるまでに被害を受けた船舶などもたくさんあります。そのこともしっかり展示されています。
 くじらと称される潜水艦についての展示もここの魅力です。食堂やベッドなどの居住空間が再現され体験できるようになっています。もちろんローズマリーはベッドに寝てみました。ローズマリーが表示されたベッドへの寝方通りに体験しているのをほかのお客さんたちが面白そうに眺めておられました。
 そして現実に使用されていた潜水艦が展示されているのです。その中の一部に入ることもできます。海外の映画で見るような潜望鏡を覗いたり、魚雷発射管の様子を眺めることができます。
 長年の夢だったてつのくじら館に入ることができてとてもうれしかったです。
 その3へつづく。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可