呉江田島部隊研修に行きました201603その4地本の方々
2016年03月23日 (水) | 編集 |
 部隊研修に参加させていただくのに、島根県から広島県の会場まで、地本からマイクロバスを出していただきました。松江市からは陸曹長が往復とも運転してくださいました。島根県は東西に長く中ほどにある浜田市からはやはり陸曹長が別便で運転なさって参加者がいらっしゃいました。島根地本からは事務官お一人、陸曹長お二人、二等空曹お一人、二等空佐お一人が参加者6名を添乗してくださいました。
 地本のご招待のおかげでほとんど歩くことなくすべて車で横づけです。
 特に江田島は、かつて海軍兵学校が東京築地にあったことから、学生が勉学だけに励めるようにと周囲に繁華街などない場所を選定したといわれるほどで、簡単に言えば不便な場所です。そこまで送迎していただけるのは大変便利です。そして荷物はその車に入れたままで、貴重品だけ持ち歩けばよいのです。
 幹部のご家族が公共機関を使い大荷物を持ったまま歩いておられるのを見ると申し訳ないほどでした。
 そして卒業式では見学者の席は段々になった金属製の台です。まだ天候不順な三月半ばに卒業式の間中そこに座ったままというのは大変苦痛です。前の席との間が狭いので小柄な人はいいかもしれませんが、ローズマリーには(身長160cm)足を90度で立てることはできません。男性は足を開き気味で前の方にあたらないようにしておられましたし、女性はゆがんだ姿勢になってしまいます。これで兆時間は結構こたえます。
 島根地本は金属製の台には、わざわざ駐屯地から持参された毛布を敷いて用意してくださって大変助かりました。あれが無かったらどんなにひどい寒気や体の痛みを感じることになったのだろうかと思うと恐ろしいくらいです。その上席は演台の真正面でした。とても良い場所で証書の授与や来賓祝辞などを拝見することができました。
 そして、その場その場でそれぞれが地本の解説付きです。愉快な裏話もたくさん聞かせていただいて、大笑いするような楽しい思いもさせていただきました。
 本当に至れり尽くせりの、研修でした。
 地本の方々には本当に感謝感激でした。

 その5に続く
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可