だれもが知ってる小さな国
2016年04月01日 (金) | 編集 |
「だれも知らない小さな国」佐藤さとる 著 村上勉 絵
シリーズを知っておられる方も多いと思います。続編がいくつも出ておりますが、現在ずいぶんのお年になられた佐藤さとる氏が読者から継続を求められて有川浩氏に委託というのかその後を託した物語の、有川浩版第一作です。

 ローズマリーはどうだろうと楽しみにしておりました。ひとことで言って面白かったです。
 子供のころ図書館で読んだ感動がよみがえりました。十代になってからは自分で購入し本棚にシリーズ全部あると思います。最近のものは情報収集不足でないものもあるかもしれません。 

 佐藤さとる氏の作品自体にも触れられていて、違和感なくこちらの物語に溶け込めるような仕組みにしてあります。有川浩氏的な部分もあちこちにあって、なるほどと思わせる部分もあります。昔のシリーズの読者にもそうでない方にも楽しめる本になっていると思います。
 今後どんなふうに描かれていくのか楽しみです。できるなら絵の村上勉氏には今後も頑張って行っていただきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可