家族と家事

 ローズマリーの家では家事はローズマリーの担当です。大工仕事と薪仕事、電気関係なども主体的にするのはローズマリーです。家族は家では何もしないのです。できないことではないと思います。数回の単身赴任先では、全部自分でしているのです。ローズマリーが単身赴任先に行って滞在しても、するのは料理くらいで食器洗い、買い物、ごみだし、風呂周り、掃除、洗濯など全部家族がします。
 ただ自宅ではしないのです。
 自宅ではローズマリーが家事の主体者なので家族はやる気がまったくありません。体調が悪いときに頼んでもしてくれません。ただ、体調が悪いときにしていないからといって怒ったりもしません。「元気になってからやればいい」という価値観です。

 ローズマリーよりも家族は忍耐強いと思います。

 ローズマリーは家事が得意なわけではありません。掃除も洗濯もできる限り省略、回数を減らす方向です。
 
 家族の実家の人たちは、基本的に体調が良い人たちで女性陣は座ることがないくらい動いておられます。
 しかしローズマリーは比較して若いころからどこか体調が悪いという感じでじっと座っていたり、寝ていたり、グータラが多いです。核家族で育ち、今も核家族なので気ままです。

 テレビで家事は得意な方がやればいいというのを見て、得意な人がいなかったらどうするの、小さな子供がいたら、やめればいいとか後ですればいいとかいう方向では収まらないこともあるだろうと思いました。
 
 家事というのは得意不得意とかそういう問題ではないのだろうかと思います。そうでなくても生活上必要だからするしかないことだと思います。
 
 得意でなくても男女にこだわらず最低限のことができなければいけないんじゃないのかなあと思いました。
 その時、女性にお鉢が回るのが許せないのです。男女同じようにできるというのが社会的に認識されるべきだと思います。
 なぜってね、家事のほとんどの作業で仕事にしている人たちは男性です。性別でできないわけではないと思います。
 女性ばかりが得意でない人でもやらなければいけないというところに疑問が生じるのです。

 どうしてもしたくないのなら、それだけの稼ぎを作って、全部他人に任せることです。家政や執事や、庭師や、調理人、洗濯係りとか。それができないのなら、やるしかないんです。
 
 どうせやるなら、楽しくできる程度には、習熟できているほうが誰もが楽だと思います。やはり小さいころから家事をする習慣があると、大人になって楽だと思います。
 そしていつもしている方が、何かあった時にはお互い説明したりも省けるし楽だと思います。いざというときにはできるから普段はしないというのは、必ず戸惑うと思います。

 家族間において家事をするというのは、危機管理につながるのだろうなと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR