満開の花の下
2016年04月04日 (月) | 編集 |
 週末桜の花が満開でした。何度も城山周辺を通りましたし、あちこちの学校のそばには必ず桜が植えられ、我が家のある団地も桜並木があるのです。
 暖かい春の日差しで桜を見上げるなどというのもなかなかにないような気がします。
 その花の下で、今年よく目についたのが、カメラを抱えた人たちです。大きなレンズのついたカメラを抱えておられたので、セミプロくらいの人たちなんでしょうか。車や自転車を周囲に止めて、不思議な格好で桜を撮っておられました。一寸見た目危ない様子でした。
 道路も歩道も、桜見物客でにぎわっているので、不思議な格好のとまっている人は目立ちます。
 こういう人たちが写真店に出したりされる人なのかなあと思って、横目で見て通り過ぎました。

 自転車で通っていく家族連れもありますが、狭い道の真ん中を自転車でゆっくり通られると、生活道路にしている地元民はちょっと困ります。初心者の方の自転車は左側通行がきちんとできるようになってから、もしくはちゃんと自転車通行のできる歩道や自転車道を通ってほしいなあと思いました。
 何せ普段そんなに通らない人たちがみな桜見物や行事にいらっしゃる週末なので、事故が起きませんようにとはらはらしました。
 
 山の方にも桜の木が枝を伸ばしているのがわかる季節で、ぼんやりと山の姿に見惚れているのも気持ちよいものです。来年もまた見ることができますように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可