エゴノキの新芽
2016年04月27日 (水) | 編集 |
 17日ごろの大風は台風並みでした。庭ではエゴノキが新芽をふいた時期でした。すごい風にあおられていました。
 数日後その新芽が萎れていました。どうなるかなあと思ってみていましたが、ダメだったようで茶色に枯れてきました。やわらかな新芽にはあの風はきつすぎたようです。
 風がまともにあたる西側が多く枯れてきています。東側はあまり目立ちませんがよく見るとあちこち茶色になった葉が見えます。エゴノキはローズマリー家の庭で主となる木です。最初の頃なかなか元気がなくて、夏の水切れも一番先、葉もまばらで株立ちの一本は枯れてしまいました。もう今年駄目なら切ろうと思っていたらその年からどんどん元気になりました。
 全体的にはがんばれそうですが、春先のああいう風が当たるのは落葉樹には厳しい気候なんだなあと思いました。
 基本的にローズマリー家の庭は放任なので、風よけなど何もしてやりません。ただ見守るだけです。植物の生き方を見せてもらうだけです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可