久しぶりの従妹来訪
2016年05月30日 (月) | 編集 |
 数か月ぶりに従妹がおしゃべりにやってきました。従妹の長女は大学四年になり、既に単位は取ってしまったということで実家に戻って就活に精を出しているそうです。次女は高校を卒業し東京の短大に入学したそうです。
 こういう情報も全く知らずにいたローズマリーは鈍いです。しかし子供たちの進路を決まる前にいろいろ聞くのはプレッシャーに感じられたりするのではとこれでも配慮しているつもりなんです。
 とりあえず新しい生活に子供たちが精を出し親は落ち着いた風情なので安心です。それこそ、親世代のローズマリーたちは新しい生活が始まっているようです。どこも職場がいろいろ変遷があり、終身雇用ではなくなった現在、経済を安定させるには工夫が必要なようです。ローズマリーも従妹も結婚後しばらくしてそれまで勤めていた会社を辞職して家庭重視の生活を送ってきました。パートなどをしながら勤務はしておりますが、社会保険関係はすっかり扶養されている状態なので個人経済としては不安定です。
 家庭としてまとまりで家族協力して生きていくのが一番安定したやり方だと理解しています。今はとにかく健康重視していかないと、一人病人が出ると一家の生活が一気に崩れていきます。気をつけなくてはと話しました。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可