トリガーポイントについて勉強してみよう
2016年06月13日 (月) | 編集 |
 トリガーポイントという言葉は今までも聞いたことがありました。
 知人が腰痛の時に「トリガーポイントブロック注射する」と言って医師が注射をしているのを見たことがありました。
 最近ではパラダイムシフト好きの外科医のブログでよく拝見するようになりました。

 最近、同じ格好をした後、足がしびれ怠くなって力が入らなくなったりすることがあります。
 先日たまたま見つけたサイトでトリガーポイントを示している図があってその場所を押さえてみたらすっかり足が楽になって動くようになったという体験をしました。
 トリガーポイントというのは注射だけでなくて、鍼、マッサージ、などいろいろな刺激の方法があるようです。注射の中身も麻酔薬が当然と思っていたら生理食塩水のみということもあるようです。

 筋膜性疼痛症候群(MPS)という病気の治療法で説明してありました。自分の痛みはこれかもしれないなという気もしますので、ここで紹介された本を購入して勉強してみようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可