波と風と雲と

 雨が降って大風の日、日帰りで瀬戸内地方に出かけてきました。
 まだ空がほの明るい時間に松江をたちました。宍道湖の上の空には少し青空が見えていました。中国山地に入ってだんだん標高が上がっていきます。
 雲が山々に降りて谷あいから雲が立ち上るように見えます。
 ジブリアニメのもののけ姫の中でシシ神が大きなダイダラボッチの姿で山々を歩き回る風景がありました。
 今にもだいだらぼっちがが姿を現してくるような雰囲気で山々はとても荘厳でした。
 山を越えて瀬戸内の海はとても静かでした。島々の間には大小さまざまな船が浮かび、あるものはじっとあるものは動き、人間を感じさせました。日本海を見慣れている眼には、にぎやかというよりは混雑してぶつかりそうな気がしました。
 スコールのような強い雨が時折降り、全体として黒い雲に覆われた瀬戸内地方では皆が空を仰ぎ、穏やかならぬ雰囲気でした。道の途中では大雨による土砂崩れや工事による通行止めもあちこち在りました。迂回路をさぐったり、道中運転手をしてくださった方には大変ご苦労をおかけしました。
 一日かかった瀬戸内での行事を終え、また中国山地を超えて松江に帰ってきました。
 今度も中国山地では空が黒い雲に覆われ、雲はますます山々をかくし恐ろしいほどの雰囲気です。山越えをして見えてきた宍道湖には白波がたち、静かだった瀬戸内海とは打って変わった荒々しい姿でした。
 宍道湖は対岸が見えますがそれでも開けた雰囲気に見えるのは大きな船などがなく、宍道湖自体は一列に向こう岸が見えるからでしょうね。
 瀬戸内海は宍道湖よりずっと広いに違いないのですが、あちらこちらに島があり、その線が断ち切られ、また船が停泊航行している姿がずっと多いので、まるで川を見ているように感じました。
 いつも地図と道を見ておられる運転手役の方に「ここは河ですか」と聞くと、「海ですよ」とのことでした。なんだか不思議な感覚でした。海にそびえる山と小さく見える平地にしがみつくように立ち並ぶビルや住宅、駅や道路のすぐそばに海とたくさんの船です。
 日本海側の島根県でも海からすぐ山ですが、その間にある街の規模がまったく違います。そして船の数が圧倒的に違います。船の姿もフェリーやタンカーなどの大きな船です。
 日本海側でローズマリーが見る大きな船は海上保安庁の船くらいです。ほとんどが釣り船、多くは船外機のついた小さな船です。
 日本は大きな土地を持つ国ではないと思っていますが、それでも地域によって暮らしも見える風景も全く違いますね。時折ちょっと自分の生活圏が出るとそれを強く感じます。
 
スポンサーサイト
[ 2016/06/26 09:12 ] 地域 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

FC2USER75rosemary

Author:FC2USER75rosemary
島根県松江市で薪ストーブで心と体を温めて、手作り普段着着物で糖質制限・湿潤治療をする、普段はパートのおばさん、時々予備自衛官ローズマリーの日記。
2014年陸上自衛隊予備自衛官補技能の試験に合格、2015年採用、予備自衛官補技能教育訓練修了後、予備自衛官に任命されました。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: